生理痛がひどい原因と対策を知って生理期間を快適に過ごそう
90views

生理痛がひどい原因と対策を知って生理期間を快適に過ごそう

生理痛がひどい原因は人それぞれですが、ほとんどの人がいくつかの共通の原因を抱えていることはわかっています。特定のホルモンの分泌、冷え、子宮の未成熟さなど、ここでは生理痛の原因と対策についてお話します。

プロスタグランジンの過剰分泌で痛みが強くなる

生理痛がひどい原因はプロスタグランジンの過剰分泌

生理痛がひどい原因の一つに、プロスタグランジンの過剰分泌があります。プロスタグランジンとはホルモンの一種で、生理中に分泌されます。このホルモンは全く出ないのも困るのですが、過剰に分泌されると痛みの原因につながります。
というのも、プロスタグランジンには子宮を収縮させる働きがあるためです。生理の血には子宮内膜が剥がれたものも混ざっていますが、これらの経血を排出させるのが子宮の収縮。収縮を促進するのがプロスタグランジンというわけで、押し出そうとする力が強いほど痛みが激しくなります。

因みに、プロスタグランジンは出産時にも分泌され、これが陣痛となります。遺伝的体質にもよりますが、食生活などが関係しているともいわれ、改善は可能です。

プロスタグランジンを増やす生活

生理中にプロスタグランジンの分泌が多い人と、そうでもない人がいます。これが生理痛の差の一つでもあり、遺伝の他に生活習慣からくるものだとも考えられています。例えば、肉類や脂肪分の多い食事を好む人は、プロスタグランジンの分泌率が高いといわれています。食生活を変えることで、生理痛を緩和させることが可能なら、試みる価値はあるでしょう。

他にも、睡眠が不規則、あまり運動をしないなどの不摂生な生活を送っていると、プロスタグランジンの分泌量が増えてしまう可能性があります。いわば老廃物を押し出す役目でもあるプロスタグランジンは、排出させなければならない老廃物が多いほど働きを強める可能性があるためです。適度な運動をすることも、生理痛の緩和につながるでしょう。

血行不良による血管収縮

生理痛がひどい原因は血行不良

血の巡りが悪いと、血管が収縮しやすくなります。なるべく血管を拡張させて血液をスムーズに循環させるようにしておかないと、重い生理痛につながりかねません。血行不良になる原因は、いくつもあります。例えば、喫煙なども代表的な原因です。喫煙は血管を収縮させるため、よくありません。睡眠不足も、同様です。

ストレスも、血管を収縮させることの一つです。ストレスは、受けていても気づかない人もいます。ストレスなどたまっていないと感じても、毎日入浴で疲れをとったり、規則的な睡眠をとることで一日の疲れを翌日に持ち越さないように気をつけてください。もちろん、食事の栄養が偏るのも血液循環を悪化させる原因となります。少しずつでも改善させることで、生理痛は緩和されてくるでしょう。

子宮が未成熟なほど痛みが強い

10代のうちの子宮が未成熟な頃は、プロスタグランジンの分泌率が高まる傾向があります。なぜなら、子宮口が狭く、経血が上手く排出されないためです。老廃物を排出させようとするのがプロスタグランジンの役目ですから、止むを得ません。年を重ねて子宮が成熟してくると、生理痛も次第に緩和されてきます。30代になっても生理痛が重い場合は、病気を疑ってみたほうがいいでしょう。

出産を経験した女性も、子宮が成熟して働きが安定してきます。そのため、生理痛が軽くなったという女性も多いもの。それでも生理痛がひどいと悩んでいる女性は、一度婦人科で検診を受けてみることをおすすめします。病気の場合、早期に発見できれば早期の治療が可能になります。

PR