生理痛がひどいのは病気の可能性が高いという常識
61views

生理痛がひどいのは病気の可能性が高いという常識

生理痛がひどいのは病気だと思う女性は少なく、我慢するのが当たり前というのが常識になっています。この常識を覆さないと、人生の大半を生理痛に苦しんで過ごさなければならない恐れがあります。ここでは、生理痛の原因について探ってみましょう。

女性の8割が月経困難を実感

生理痛は女性の8割が感じている

多くの女性が生理痛を当たり前のように感じており、その割合は8割にも至るといいます。生理痛くらいで婦人科に行くのは大げさ、鎮痛剤でやり過ごすのがクセになっているという人も多いでしょう。
しかし、生理痛がひどいのは病気のサインかもしれません。子宮内膜症をはじめ、ポリープやびらん、子宮筋腫、卵巣の病気などの可能性もあります。

こうした病気を婦人病といいますが、いずれも早期に発見して早期治療を心がけることが最悪の状態を招かずに済むことにつながります。転ばぬ先の杖と思って、婦人科検診を定期的に受けることを始めてみましょう。
最悪の場合、子宮や卵巣を除去しなければならなくなり、妊娠が不可能になる恐れもあります。流産などのリスクにもつながりかねないため、気をつけましょう。

その生理痛は子宮内膜症が原因かも

子宮内膜症かも

病気とまではいかずとも、月経困難症を感じている女性が多い中、次に多いのが子宮内膜症です。子宮の内膜組織は、本来は子宮の内側にあるもの。だからこそ、子宮内膜というのです。
ところが子宮内膜が子宮外で増殖してしまうのが、子宮内膜症です。卵巣や腹部で増えてしまうため、激しい腹痛や下痢などを起こしやすくなります。その痛みは七転八倒するほどで、痛みを体験して初めて婦人科に行かなかったことを後悔する女性もたくさんいます。

子宮内膜症から重い生理痛になっている状態とは別に、重い生理痛に対処しなかったばかりに子宮内膜症になるリスクを増やしてしまうケースもあります。その確率は2.6倍にまで高まるといいますから、要注意です。

子宮の炎症や腫瘍の可能性

月経痛がある場合は病気かも

子宮筋腫や骨盤内腹膜炎のように、腫瘍や炎症が起きてしまうこともあります。代表的なのが、子宮筋腫です。子宮筋腫は良性の腫瘍とはいえ、経血量が激しく増えるために貧血になる人もいます。また、他の病気を併発してしまう恐れもあるため、放置しておくのは厳禁です。

骨盤内腹膜炎は、子宮周囲にある骨盤に炎症が起こってしまう病気です。膣から細菌やウイルスが侵入して、炎症を引き起こしてしまうのです。考えられる原因としては性行為がありますが、そればかりとは限りません。
通常、おりものが細菌から守ってくれるのですが、清潔を保とうと洗い過ぎることでかえって細菌に弱くなってしまうこともあります。発症すると痛みの他に高熱や下痢、吐気などを起こしやすくなるため、他の病気と間違えないように気をつけることも大切です。

生理痛は防げるものと認識する

生理痛は防げるものと思って体を整える

生理痛は、当たり前に起こるのが常識と思う考えは改めましょう。鎮痛剤があるから大丈夫と思うのも、そろそろ止めたほうがいいでしょう。
生理痛を防ぐには、生活習慣や食生活を整えてホルモンバランスを安定させることが役立ちます。上手に気分転換したり、体温調節を心がけることも、サポートになるでしょう。なるべく自然な力で痛みを緩和させるために、漢方の利用を考えてみるのもおすすめします。

婦人科で生理痛の相談をするのも、一つの方法です。治療としては薬の処方などがありますが、薬に頼らなくても生活アドバイスをもらえるなどの指針を得られるでしょう。一人で悩んで我慢したり、ストレスをどんどん溜めていくのは、状況の悪化にしかなりません。

PR