生理の血がサラサラになってきた原因は何か
42,810views

生理の血がサラサラになってきた原因は何か

生理の血がサラサラになって驚いたという女性は、少なくありません。生理の血は本来サラサラだと思われがちですが、実は少し粘り気を帯びているのが正常です。急にサラサラになってきたという場合は、何らかの原因があると考えられます。

生理の血の正常な状態とは

生理の血の正常な状態とは?

生理の血がサラサラしているのが本来の姿だというのは、幻想です。何らかの問題がある場合の生理の血に塊が混ざることがあるなどの現象が知られているため、逆の状態のサラサラの血がいいと思われがちなのでしょう。

実は、正常な状態の生理の血は、いわゆる静脈血よりもやや濃い色だといわれます。つまり黒味がかっており、少々粘り気があるのが正常な状態なのです。

では、鮮血のような赤色でサラサラしている生理の血はというと、不正出血の恐れがあります。考えられるのは、子宮頸がん、びらん、妊娠、ポリープなど。

望んでいる人なら妊娠であれば喜ばしいことですが、他の原因だったら困るでしょう。異変を感じて婦人科に行く人もおり、婦人科ではよくあることと診断されるのも多いのですが、原因をハッキリさせるためにも相談してみるのが一番です。

無排卵の兆候の可能性

経血の状態によっては病院へ

東洋医学では、生理の血が赤くサラサラしている状態から血虚や気虚を疑われます。つまり、血液が不足している、あるいは血の巡りが悪い可能性があるということです。

この状態は、子宮内膜が薄いことを示していたり、無排卵を引き起こしかねないといわれています。いずれにしても妊娠を阻むような事態ですから、妊娠したい人は気をつけたほうがいいでしょう。

無排卵が続くと、婦人科で排卵誘発剤を用いる治療を受ける必要などが出てきます。生活習慣の改善などによってホルモンバランスを整えれば排卵するようになることもありますが、場合によっては治療の必要があるのです。

不妊治療は早期スタートするのが功を奏するため、生理の血の状態にも気を配っておくことは大切です。

経血の量にも注意してみる

生理の血がサラサラしてきたときには、量が少なくなったり、やけに赤い色をしているというサインも出やすいものです。全て揃えば異常と限ったことではないとはいえ、生理の血がサラサラしていたと気づいた後に排卵がなかったことを知る人もいます。
排卵は、健康な人でも毎月あるとは限りません。ただ、何ヶ月も続いていれば、妊娠の機会は少なくなってしまいます。また、もしかすると若くして閉経を迎えている可能性もあります。

ホルモンバランスが乱れてくると排卵がなくなることもよくありますが、妊娠したい人にとって排卵があるかないかは重要なことのはず。基礎体温をつけるようにして、体のリズムをきちんと把握しておくことをおすすめします。

ホルモンバランスの乱れに注意

ホルモンバランスの乱れに注意

年を重ねるとどうしてもホルモンバランスは乱れてくるものですが、20代から40代前にホルモンバランスが乱れて生理に異変が起こるのは異常だと認識したほうがいいでしょう。そのためにストレスを抱えるのはよくありませんから、気になったことは婦人科の医師に早めに相談したほうがいいのです。

不安やショックによって、ホルモンバランスが乱れて排卵が止まってしまうこともあります。その後の生理で、サラサラの血が出たという人もいて、中には不快な苦痛を感じている人もいます。詳しく調べてもらったら卵巣が腫れていることがわかったというケースもあり、もしも放置していたら取り返しのつかない病気を見逃してしまった可能性もあるわけです。

婦人科に行くのを恐れる人もいますが、放置しておくほうがもっと怖いことを理解しておきましょう。

PR