40代になって生理周期が早くなる原因は、閉経が近づいてきているからって本当?
16,894views

40代になって生理周期が早くなる原因は、閉経が近づいてきているからって本当?

女性が閉経を迎える平均の年齢は50歳といわれていますが、それまで順調だった生理が突然なくなるわけではなく、少しずつ生理の様子が変化して、生理周期が早くなることも、生理周期が遅くなることもあるのです。生理の変化は女性にとっては不安を伴うもの。閉経に向かう時、生理に起きる変化について紹介します。

正常な生理周期は、何日くらい?

生理周期の規則正しさは健康のバロメーター

生理周期が正常であるかどうかは、女性にとっては健康のバロメーターのひとつになります。
正常といわれる生理周期は、25日から38日のサイクルで生理がくるというもので、それより生理周期が早くなるのは、頻発月経ということになります。20代から30代の女性で、生理周期が早くなるという症状は、ストレスやホルモンが乱れていることが原因になっていることが多いものです。

健康のために、そして妊娠や出産を考えているのであればなおさらのこと、生理周期が正常になるよう、生活習慣を見直したり、ストレスの原因をなくすように気を付けておきたいものです。ただ、初潮を迎えたばかりの思春期の女性や、40代以降の更年期の女性には、生理周期が安定しないことも多いものです。

更年期には、生理周期が早くなることもある。

更年期には生理周期や経血量が変化していきます

それまで順調だった生理に変化が見られると、女性は不安にかられるものですね。
女性が閉経を迎える平均年齢は50歳と言われていますが、実は閉経を迎えるずっと以前から、女性の身体は少しずつ変化をしているのです。生理周期が早くなることや遅くなることも、生理時の経血量が多くなることも少なくなることも、その変化の一つです。どのような変化が起きるのかには個人差がありますから、母親や友人に話を聞いても、同じようなことが起きているとは限りません。

閉経というと、生理が来なくなることですから、だんだん生理周期が遅くなっていって、そのうち来なくなると考えている人が多いようですが、そうとばかりは限らないということを覚えておきましょう。また、経血量についても、生理時の経血量は40代を過ぎてから、少なくなっていくという人が多い反面、閉経が近い年齢になってから、経血量が増える人もいて、こちらも個人差が大きいものです。

そして、閉経が近い女性の多くの悩みが生理が長引いたり、不正出血が見られること。生理が10日から2週間近くも続いたり、生理が終わったと思ったら、また1日から2日後に出血したなどということも。卵巣や子宮の変化に伴う症状であることも多いのは事実ですが、中には子宮体がんなどの大きな病気が隠れていることもあるので、気を付けて。

子宮の健康診断は、必ず受けておこう。

閉経後も子宮の検診を毎年受けましょう

特に心配な症状がないときでも、子宮の健康診断は受けるようにしましょう。
40代以降の女性には、不正出血が見られることもよくあるため、不正出血があっても。閉経を迎える前の症状だと自己診断をしてしまい、そのまま放置してしまうことが多いものですが、大きな病気が隠れていた場合には、取り返しのつかないことになりかねませんから、必ず病院に行って診察を受けておくようにしましょう。

不正出血などの症状がない場合でも、できれば1年に1度は子宮の健康診断を受けておきたいもの。自治体などで受けることができる子宮がん検診は、主に子宮頸がんの検診であることがほとんどで、子宮頸がん検診では何の問題がなかったとしても、子宮体がんの心配もないというわけではありません。

婦人科の検診となると、ついついおっくうになりがちですが、健康な生活を送るためにも、受けておくことをおすすめします。

PR