タンポンは風呂や温泉に安全に入浴できる女性に嬉しいアイテム☆不潔でも不衛生でもありません!
19,172views

タンポンは風呂や温泉に安全に入浴できる女性に嬉しいアイテム☆不潔でも不衛生でもありません!

タンポンは風呂や温泉に安心、安全に入浴するために不可欠なものです。生理中でもタンポンを使用することで周囲の人の迷惑にならず、自分自身の健康を損なうことなく入浴することができます。ただし、正しく使用しないと重篤な病態を引き起こすことになるので使用法は必ず守りましょう。

タンポンは風呂で使用して不潔じゃない?

生理中にお風呂やスパなどの公共施設に入ると、経血で水や床を汚す可能性があります。
経血は他の排泄物同様、汚く、雑菌の温床になったり、感染症の原因になるため、生理のときには、お風呂や公共施設の利用を控えることがマナーです。

しかし、生理のときにでもタンポンをすることで、水を汚すことなくお風呂やスパを楽しむことができます。

生理と旅行が重なったら?

温泉の日に生理

旅行や温泉などのときに生理にならないようにホルモン剤やピルなどで生理日を調整して、日程が重ならないようにすることもできます。
しかし、そのような対策をしても確実に生理日をずらすことができず、日程と重なってしまうことがあります。

そのようなときは、タンポンを使用するという選択肢があります。

タンポンをしても生理中に温泉に入らないのはマナー?

多くの女性は、他の人が生理中の人は例えタンポンをしても入浴することをマナー違反と感じるようです。
しかし、施設側が制限しない限り、タンポンを使用すればお風呂やスパ、温泉などを利用することはマナー違反ではありません。

中にはタンポンをしても不衛生と感じる人もいるようですが、一般的な長さの入浴ではタンポンから経血がモレることもないため、不衛生でも不潔でもありません。

タンポンをしている人にもリスクがあるのでは?

生理中は免疫力が低下するため、感染症や炎症を起こしやすい時期です。
そのため、タンポンをしたとしても他の人が浸かったお湯に入ることで膣などに雑菌が入るなどの危険性が高くなるという指摘もあります。

しかし、適正にタンポンを入れていれば、タンポンが水に触れることはほとんどありません。
さらに、競泳などような激しい動きをしない限り、タンポンをしている人の感染症リスクもほぼありません。

適正に使えばTSSにはなりません

タンポンを使用すれば大丈夫

タンポンを使用する上でTSS(トキシックショック症候群)について知っておきましょう。
TSSは一度膣内に入れたタンポンを再度使用したり、不衛生な環境や手でタンポンを入れたり、8時間以上タンポンを入れたままにしておくなど、適正な使用をしない場合に起こる敗血症です。

敗血症は細菌が血液に侵入することで起こる病気です。
症状は発熱、下痢、悪寒、倦怠感などで、短時間で命に関わるほどに状態が悪くなることがあります。しかし、正しく使用すれば問題はないので、過度に怖がる必要はありません。

生理中の入浴は個人の自由

このように、生理中でもタンポンを使用することで、周囲の人が不衛生になることもなければ、生理中の人が感染症を起こすことありません。
それでも、入浴したくない、というのは個人の自由ですが、入りたいと思うのなら遠慮せずに入浴しましょう。
生理中に体が冷える人はタンポンをして入浴して体を温めることで生理中の諸症状が改善することもあります。

入浴後はすぐにタンポンを取り出す

タンポンを使用してお風呂に入る際の注意点としては、タンポンを正しく、奥まで入れて使用することの他、入浴後にすみやかにタンポンを取り出すことが大切です。

タンポンをして入浴することは不衛生ではありませんが、入浴したあと、タンポンのヒモが濡れたままの状態で放置すると、そこから雑菌が繁殖したり、下着の中がムレてしまうことがあります。その結果、発熱や腹痛、あるいはデリケートな部分がかぶれてしまう恐れがあります。

そのため、入浴後はすぐに外すようにしましょう。

タンポンのひもは絶対に切らない!

タンポンのひもは絶対に切らない

「タンポンをしていることを周囲に知られたくない」、「ひもが不潔に感じる」という理由からタンポンを入れたあとでひもを切ってしまう人がいます。
しかし、これによってタンポンが取り出しにくくなり不衛生になる可能性があるのでひもは絶対に切ってはいけません。

PR