タンポンは海やプールで遊ぶのに便利なアイテム!正しく使用して快適な生理期間を過ごそう!
8,369views

タンポンは海やプールで遊ぶのに便利なアイテム!正しく使用して快適な生理期間を過ごそう!

タンポンは海やプールに生理中でも入ることができるとても便利なアイテムです。正しく使用して快適な生理期間を過ごしましょう。ナプキンよりも長い時間使えますが、それでも数時間毎に取り替えなければいけません。出血が多い日は貧血による立ちくらみやめまいなどに注意が必要です。

タンポンは海に入るときに使っても良い?

タンポンしたまま海に入ってもよい?

長い時間ナプキンを替えられないようなとき、衛生的でより安全なタンポンを使用することでムレや雑菌の繁殖を少なくすることができます。

また、仕事などで長時間トイレに行けない場合にもタンポンは心強いアイテムです。
タンポンはナプキンに比べて長時間の使用に耐えることができる他、激しく動いてもナプキンの位置がズレたり、ムレたりすることがありません。

それだけでなく、タンポンは経血を体外に出すことがないので、海やプールなどに入っても海水やプールの水を汚して周囲の人に迷惑をかけることもありません。

タンポンを使用すれば、生理中だからといって、海やプールを我慢することなく楽しめるので、もしも海やプールと生理の日程が重なっても思い切り遊ぶことができます。

タンポンをして海やプールに入るときの注意点

タンポンは正しく装着しないと大変…

【1】タンポンを正しく装着する

タンポンを付けて海やプールに入るときには、タンポンを正しく装着することが大切です。

タンポンを奥までしっかり入れないと動いている最中にタンポンが出てきてしまうことがあります。海水やプールの中でタンポンが外れた場合、外れたタンポンや経血によって、周囲の水を汚してしまうことになり、周りの人に迷惑になります。
タンポンは正しく装着しましょう。

タンポンの正しい使用は自分にも周囲の人にも大切

woman-1008354_640 海 海水浴 リゾート 水着

タンポンを正しく使用することは自分自身を感染症から守ること、そして周囲の人に迷惑をかけないためにも必要なことです。

正しく使うことができれば、生理中の活動の幅が広がるので、是非タンポンを正しく使えるよう練習しましょう。

【2】3時間程度で取り替える

海やプールの水は一見、きれいに思えますが、海には浮遊物が多く、またプールは塩素の刺激が強いために生理中の敏感な肌には負担が強い場合があります。

そのような水中で同じタンポンのまま長い時間過ごすと体内で雑菌が繁殖し、腹痛や感染症の原因になったり、炎症を引き起こす可能性があります。
海やプールだからこそ、タンポンの交換はこまめに行いましょう。

理想としては出血が多い日は3時間以内、普通の日でも4時間程度で取り替えるようにしましょう。

タンポンのひもは汚い?

衛生面がきになる

タンポンのひもがあると、そこから雑菌が繁殖するだけでなく、見た目にもよくないということでひもを切って使用する人がいます。しかしタンポンのひもは基本的には切らずに使いましょう。

動いている内にタンポンが奥に入り込んでしまった場合、取り出すのに時間がかかる方と不衛生になります。
素早く簡単にタンポンを取り出すためにもタンポンのひもは切らずに使用しましょう。

【3】貧血による立ちくらみ、めまいに注意する

水中で遊んでいると、激しく動くために出血量が多くなることもあります。しかし、タンポンをしていると、どのくらいの出血をしているのか、わからないため、多くの出血をしていることがあります。

出血に気がつかず、激しい運動を続けていると貧血による立ちくらみやめまいを起こし、溺れる危険性が高くなります。出血が多そうな日は貧血に注意して、気分が悪くなったらすぐに水中から出るようにしましょう。

タンポンと腹痛

タンポンをして腹痛がある場合は大きさや位置が合ってないかも

タンポンをしてお腹が痛くなる場合、タンポンが奥まで入っていないか、タンポンが大きすぎる可能性があります。タンポンを入れてすぐに腹痛がする場合は小さめのタンポンから使用しましょう。ただし、小さめのタンポンは吸血性が低いので、取り替える時間が遅くならないように気をつけましょう。

一方、タンポンをして数時間後に痛くなる場合、生理痛か炎症の可能性があります。
いつもは生理痛がないのに、タンポンをしたときだけお腹が痛くなるのであれば、タンポンによってお腹が冷えてしまった可能性があります。

いずれにしても、このようなときは速やかにタンポンを外し、お腹と腰を温めましょう。

海でのタンポン使用の落とし穴

海水浴場

海やプールで遊ぶときにとても便利なタンポンですが、海での使用の際には意外な落とし穴があります。

それはトイレの場所です。

プールのときには、それほど心配要りませんが、海のときにはトイレが近くにない場合があるので注意が必要です。
トイレが遠いとタンポンを替えるのが面倒であるために、3時間以上同じタンポンを入れっぱなしにしてしまうことがあるかも知れません。海水は雑菌が多いために、同じタンポンを長時間使用すると感染症や炎症の原因になります。

海水浴場に行く時はトイレの位置を確認してから遊ぶようにしましょう。

PR