子供が欲しい女性なら知っておきたい!いまさら聞けない生理の仕組みと生理周期の数え方!
235views

子供が欲しい女性なら知っておきたい!いまさら聞けない生理の仕組みと生理周期の数え方!

生理って女性にとっては生活の一部になっている体の現象だと思います。そのため、いまさら生理の仕組みや生理周期の数え方についてなんて周りに恥ずかしくて聞けないなんていう方も多いと思います。生理の仕組みや正しい生理周期の数え方を知っておくことは健康管理や、妊娠のためにとても大切なことです。

生理の仕組みと生理周期の数え方をしっかり知ろう!

生理の周期や仕組みをよくしっておこう

生理の仕組みと生理周期の数え方を知っておくことは女性にとってとても重要なことです。自分の体のことはきちんと自分で把握できるようにしておきましょう。もう知っているという方でも知らなかったということが多いので油断は禁物です。

生理の仕組みはこんな感じ!

毎月の生理・・どのようなプロセスで起こるか知っていますか?

毎月生理はどうやっておこる?

毎月私たちの体に起こる生理。おなかが痛くなったり、トイレに何度も行かなければいけなかったり、イライラしたりと嫌なことばかりですが、子供を産むためにとっても大切なこと。しっかり仕組みを知って生理と向き合っていきましょう。

生理は体の中の女性ホルモンの活動の変化によって引き起こされます。2種類の女性ホルモンが生理に関係しているのですが、この2つのホルモンのバランスが崩れることによってイライラなどの生理前特有の症状が現れます。
まず、毎月左右どちらかの卵巣から卵子が一つ子宮に向かって飛び出します。子宮の中では妊娠の準備のために卵子を保護する内膜が厚くなっていきます。ここに受精卵が着床することによって妊娠となりますが、精子と出会わなかった卵子はそのまま内膜と一緒に外に排出されます。

生理周期の正しい数え方を知っていますか?

生理周期という言葉は聞いたことがあるけれど、自分の生理周期は知らないという方が多い!

生理周期の計算方法を知っていますか?

生理周期という言葉は多くの女性が知っていると思いますが、自分の生理周期をきちんと知っているという方は少ないのではないでしょうか?
妊娠を本格的に考えている方は知っているかも知れませんが、そうでない方にとっては気にしないようなことだと思います。しかし、生理周期を知っておくことは女性の一つのたしなみです。知るだけ知っておきましょう!

正常な生理周期は25日間から38日です。生理が始まった日から、次の生理が始まるまでの日数を数えるのが正しい数え方です。生理周期でよく聞く28日というのはあくまで平均なので、それよりも少し短い・長い場合でも生理不順と簡単に考えるのは間違っています。25から38日の間であれば問題はないです。
ただし、あまりにも短い・長い場合にはホルモンや卵巣などに何らかの問題があることがあるので産婦人科の診察を受けることをお勧めします。

基礎体温を普段からしっかり測ろう!

女性の体の周期を知るためには基礎体温が一番!

基礎体温を測って自分の体の周期を知ろう

基礎体温って知っていますか?女性の体のリズムを合わせて変化する体温とはまた違った体温のことです。
この基礎体温をしっかりと測定することによって、自分の体のリズムをとらえることができます。この基礎体温の測定によって得られた情報をもとに妊娠しやすいタイミングや、生理予定日の予測などもできます。

基礎体温は専用の温度計で測定します。測る時間帯は朝の起きた後すぐ体が一番安静な状態でいるときに測ります。口の中の舌の下に挟んで測定します。通常、排卵が起こると基礎体温が上がり、生理の後には基礎体温が下がります。このリズムを見て、妊娠のタイミングを探ることができます。

もっとも妊娠しやすいといわれているのは排卵日当日よりも排卵日の2日前から前日にかけてなのでしっかりリズムを確認しておくことは大切!毎日同じ時間帯に測ることがポイントです!

PR