生理で気を失うくらい辛い症状は、こうして和らげよう。
45views

生理で気を失うくらい辛い症状は、こうして和らげよう。

女性であれば、月に1度やってくる生理ですが、生理前や生理の期間中に表れる症状は、一人一人異なるものです。日常生活にほとんど支障なく、気にならない程度の人もいれば、生理で気を失うことがあるくらい辛い症状を抱えている人もいます。そんな生理の時の症状を、少しでも和らげるにはどうすればよいのでしょうか。

生理の時の症状は、個人差が大きい。

生理が来るのを憂鬱と感じる女性は多いでしょう。

なぜなら女性の多くは、生理の際には何らかの症状を抱えているものだからです。その症状は、生理の直前から始まって数日の間、腰がなんとなく重くてだるい、といくらいのものから、生理の期間中ずっと下腹部に激痛が走り、生理で気を失うこともあるくらい重い症状の人もいます。日常生活にも支障をきたすくらい重い症状の原因は何なのでしょうか。また、症状を和らげる方法はあるのでしょうか。

生理の時の症状は、個人差が大きい。

子宮の病気が原因のこともある。

生理の際に、下腹部に痛みを感じる人は多いものですが、痛みがあまりにも強すぎて気を失ってしまうような重い症状場合、その原因は何なのでしょうか。

生理痛には、原因となる病気がある場合と、そうでない場合があり、病気で考えられるのは、子宮内膜症、子宮筋腫などの子宮の病気です。これらの病気にかかると、生理時の痛みはとても強いもので、特に、生理の際の痛みが年を追うごとに強くなっているような場合は、病気が進行していることも考えられますから、できるだけ早めに婦人科を受診した方がいいでしょう。

子宮内膜症や子宮筋腫の場合は、不妊になりやすくなったり、妊娠・出産時のトラブルも起きやすくなりますから、早めに発見して治療を行っておきたいものです。

子宮の病気が原因のこともある。

原因となる病気が見つからないことも多い。

生理の時の辛い症状はある人の中には、上記のような病気が原因になっている人もいますが、特に症状の原因となる病気は見つからないという人がほとんどです。

そのような場合に感じる生理時の痛みは、子宮が血液を身体の外へ出そうと収縮することや、子宮の周りの血流がよくないことなどが原因で、子宮の収縮に関係しているのが、子宮の内膜で作られているプロスタグランジンという物質です。

この物質が子宮内膜から出されるのは、月経がはじまってから48時間と言われていますから、この間が生理に伴う症状が一番つらい時間と言えます。

生理に伴う辛い症状を訴えるのは、比較的若い女性が多く、特に、出血の量が多い時や、子宮の出口が細長くなっている人が強い痛みを感じやすいと言われていますが、出産を経験して子宮の出口が広がることで、多くの人がこのような痛みから解放されます。

生理時の辛い症状を和らげたい。

生理時の辛い症状を和らげる薬。

生理で気を失うほどの痛みの原因が、病気である時には、その治療を行うことが何よりの解決策になります。

特に病気が見つからないときには、病院では痛みを和らげる、ロキソニン、ボルタレンなどの鎮痛薬を処方してくれるでしょう。痛みの度合いが激しいときには、低用量のピルが処方され、月経の量を減らすということもあります。

生理時の辛い症状を和らげる薬。

少しでも楽になるために。

生理の時の辛い症状から少しでも解放されるために、自分でできるこんな方法もあります。

下腹や腰にカイロをはる、湯船に15分以上ゆっくりと浸かる、熱めの温度のシャワーを腰にかける、下半身の緩いストレッチを行うなどすることで、身体を温めて、子宮の周りの血行を良くする効果があります。

また、カフェインの摂り過ぎや、喫煙、ストレスをためること、身体を冷やすことなどは、生理の辛い症状をより悪化させることになりかねませんから、気を付けるようにしましょう。

少しでも楽になるために。

PR