病気じゃなくても辛い!生理で冷や汗がでるほとの腹痛や頭痛の改善法
38views

病気じゃなくても辛い!生理で冷や汗がでるほとの腹痛や頭痛の改善法

生理で冷や汗がでるほとの頭痛や腹痛などの不快症状があっても、これといって原因になるような病気が見つからない場合があります。対処法がないため、安易に強い鎮痛剤や座薬に頼りがちですが、生活習慣の改善で驚くほど簡単にそして早く痛みから解放されることが期待できます。

生理で冷や汗がでるほどの辛い症状を改善する方法

生理で冷や汗がでるほどの辛い症状を改善する方法

生理痛の症状や程度は女性によって大きく異なります。

生理中でも普段通り過ごせる人、違和感や軽い痛みはあるけれど普通に過ごせる人、激痛や辛い症状で起き上がることもできない人、などなど、女性の数だけで生理はあると言えるほど、多種多様です。

その中で、生理であっても普段と変わらず過ごせる人は問題ありませんが、生理のたびに辛い思いや苦痛を感じている女性も少なくありません。子宮の変形、筋腫、内膜症など病気がある場合には病気を改善することで生理痛が緩和されますが、そのような病気が原因ではない場合には病院で相手にされなかったり、周囲の理解が得られないこともあります。

このような、原因が特定されない生理痛で冷や汗がでるほどの痛み、吐き気、頭痛によって日常生活もままならないことがあります。また、このような重症で、原因不明の場合には鎮痛剤が効いたり、効かなかったりすることもあるため毎回の生理に憂鬱な気持ちになる人も多いようです。

今回はこのような原因不明の生理時の症状を改善する方法を紹介します。

【1】自律神経の乱れ

5bbe727f9a13638380d0eb3610a67836_s 女性 睡眠 寝る 就寝 ベッド 寝相

生理中の不快症状は自律神経と関わりがあるかもしれません。自律神経とホルモン分泌は相互に影響しあっており、どちらかが乱れることで、もう一方も調子が悪くなり、体調不良になって現れることがあります。普段から、寝つきが悪い、寝る時間が不規則、眠りが浅い、朝起きてすぐに活動できない、午後や夜に活動的になる、熱いお湯に入る習慣がある、などこれらの特徴がある場合には自律神経が乱れやすい、あるいは乱れている可能性があります。規則正しい生活をすることが大切ですが、規則正しい生活をすることで、頭痛がしたり、日中のだるさが増すなど返って不快な症状が増える場合があります。そのような場合には全体的に食事量を減らし、お昼の時間帯にもっとも多い食事量をとるようにします。自律神経が乱れると食事量や食事時間が乱れがちになりますが、そのような食事によって自律神経はますます乱れてしまいます。そのため、食事の時間と量を毎日同じにすることを心がけます。本来の生活リズムから3時間以上ずれている場合には2週間ごとに30分ずつ昼食の時間帯を変えながら、適正な時間になるようにします。

【2】冷えている

冷えている

自覚していなくとも、体内が冷えてることで生理のときに強い腹痛や頭痛を感じることがあります。

この場合には内臓が冷えることで、体内の体温の基準が下がりがちになり、生理のときに冷や汗を出して体温調節をはかることがあります。しかし、もともと体内が冷えすぎているために血行不良やホルモン分泌の過剰によって激しい頭痛や腹痛を引き起こします。

改善するためには普段から半身浴や白湯を飲むなどして体を温めることが有効です。一時的な強い痛みを緩和するためには鎮痛剤、座薬などが有効です。ただし、連用することはおすすめしません。できるだけ、普段の生活を見直すことで生理中の不快感を改善しましょう。

【3】砂糖の過剰摂取

砂糖の過剰摂取

毎日、アイス、お菓子、チョコレートなどの砂糖の入ったものを食べる人、あるいは生理前に無性にこれらのものが食べたくなり食べてしまう人は砂糖の過剰摂取によって生理痛の不快症状がおきている可能性があります。

とくに生理前に砂糖の入ったものが食べたくなる人は栄養不良が原因です。改善するために、普段の食事やおやつに黒ごま、デーツ、ドライイチジク、非加熱はちみつを摂取しましょう。これらの食べ物にはカルシウム、マグネシム、鉄分が豊富に含まれています。

また、普段からコーヒーを飲む習慣のある人はコーヒーの量を減らすか、あるいは飲むことをやめることをおすすめします。コーヒーを飲むと代謝の際に多くのカルシウムやマグネシム、ビタミン、ミネラルが消費され、きちんとした食事をとっていても不足するおそれがあります。飲み物は白湯や塩水など変え、コーヒー、紅茶、アルコールなど刺激性の高い飲み物を避けましょう。

PR