生理痛の痛み止めが効かない…そんな場合は要注意です
207views

生理痛の痛み止めが効かない…そんな場合は要注意です

生理中のつらい痛みを緩和させる痛み止め。服用することで痛みの症状は緩和され生理中でも快適に過ごすことができます。しかし、痛みの原因によっては生理痛の痛み止めが効かない場合も。そんな場合に考えられる原因は何でしょうか?生理時の激しい痛みは子宮内で何か問題が発生している可能性も考えられるので要注意です。

生理痛の痛み止めが効かない場合の原因を知ろう

毎月やってくる生理とともに訪れる生理痛に悩まされている女性はとても多く、中には生理痛が原因で日常生活に支障をきたしている・・・なんて人も珍しくはありません。

そこで、活躍するのが痛み止め(鎮痛剤)です。
生理中におこる痛みは主に下腹部痛や腰痛がありますが、ほとんどの痛みは痛み止めを服用することで緩和したり改善されます。

しかし、何らかの原因で生理痛の痛み止めが効かない場合もあります。
いつもは効いている生理痛の痛み止めが効かない場合、通常時とは違い何か別のトラブルが体の中で起きている可能性があります。

そんな、生理痛の痛みが効かない場合に考えられる原因や対処方法について知りましょう。

生理痛の痛み止めが効かない場合の原因を知ろう

生理によっておこる痛みの正体

生理によっておこる下腹部痛や腰痛の原因は、生理の始まりと共に急激に分泌されるプロスタグランジンというホルモンが関係しています。

このプロスタグランジンが子宮を収縮させることによって、血液や子宮内膜を体外に排出する作用があります。
この物質の分泌量が増えれば増えるほど、子宮の伸縮は強くなるためキリキリとした痛みを引き起こします。

この物質には血管も同時に伸縮させる作用があり、その作用によって血流が鈍くなり腰の痛みや重さ、だるさにつながります。
つまり生理に伴う下腹部痛や腰の痛みがひどい場合は、プロスタグランジンが過剰に分泌されていることが原因と考えられます。

また生理が始まると現れる下痢やおう吐などの症状も、このホルモンの働きによるものです。

痛み止め(鎮痛剤)の役割

薬を持つ女性

一言に痛み止めといってもさまざまな種類があるのですが、一般的に広く市販や処方されているロキソニンやバファリンなどは非ステロイド系の非麻薬性鎮痛薬(NSAIDs)に分類されます。

非ステロイド系の非麻薬性鎮痛薬(NSAIDs)にはプロスタグランジンの生成を抑える作用があるため、服用することで痛みの原因となっているプロスタグランジンの生成が抑制されます。
それによって、子宮の収縮も緩和され痛みの軽減につながるのです。

痛み止めが聞かない…そんな場合に考えられる原因

しかし、生理痛の痛み止めが効かないそんな場合は、ほかの原因が考えられます。

年々痛み止めが効きにくくなり、生理のたびにのたうち回るほどのひどい痛みに襲われる場合に考えられる一番の原因は、子宮内膜症や子宮筋腫です。
子宮内膜症とは、本来ならば子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮外で発達し剥離や出血を繰り返す病気です。

子宮内膜症は病変部分が小さいうちは症状を感じることはありませんが、大きくなるにつれて生理時の出血量が増え痛みがどんどんひどくなります。
すると、痛み止めでは抑えきれなくなってしまい、鎮痛剤が効きにくく感じてしまうのです。

痛み止めがだんだん効きにくくなってきている
子宮内膜症は、女性なら誰にでも発症する可能性がある非常に身近な病気です。
しかし、悪化すると卵巣に癒着し破裂可能性もある非常に注意が必要な病気です。

痛み止めがだんだん効きにくくなってきている、血液量が増えた、激しい痛みが続く・・・

そんな場合は一度産婦人科で専門医による診察をおすすめします。

PR