避妊について知ろう! 「生理中は避妊しなくて大丈夫」ってホント?
1,393views

避妊について知ろう! 「生理中は避妊しなくて大丈夫」ってホント?

なぜか「生理中は安全日だから避妊しなくて大丈夫」と思っている人が多いです。しかし、実際はそんなことはありません。 また、生理中のセックスのリスクはそれだけではありません。 どんなリスクがあるのかを中心にまとめてみました。

「生理中は安全日」ってホント?

c5c1cef09e4fcd4619f999f8c76a3504_s

 

答え:生理中でも安全日ではない

原則、生理中の妊娠は起こらないはずなので「生理中は安全」というのはまったくありえないというわけではありません。
生理直後、あるいは生理中でさえも排卵が起きてしまうケースもあるのです。

さらに、通常は2~3日といわれている精子も場合によっては1週間ほど生きている場合もあります。そうなると、たとえ生理中のセックスであっても妊娠の可能性は十分あるのです。

生理中は安全日だからセックスの際に避妊をしなくても大丈夫だと思っている人はかなり多いようですが、そんなの何の根拠もありません。
女性の体はとってもデリケートです。疲れやストレス、環境の変化などが排卵に影響を及ぼしてしまうことがあるんです。

非常にまれなケースにはなりますが、生理中は安全だと思い込み避妊をせずに行為に及び、結果妊娠してしまったという事例もゼロではありません。

生理中に性行為を行うことのリスク

妊娠する

様々な要因で排卵日がずれてしまうことがある以上、たとえ生理中でも妊娠の可能性はゼロではありません。
安易に「生理中は安全」だからと避妊しないでセックスしていると、望まない妊娠をしてしまうことつながります。

セックスの後に腰や下腹部に痛み

生理ではないときのセックスと比べると生理中のセックスはやはり女性の体に負担をかけるようになってしまうようです。
その結果、腰や下腹部に痛みを感じるようになってしまうケースもあります。

細菌感染などを引き起こす原因になる

生理中は子宮内膜が剥がれ落ちてボロボロになっています。粘膜がとってもデリケートな状態になっています。ウィルスや細菌などへの抵抗力も低下している時期なので、生理中にセックスをするのはそういったものへの感染リスクが高まってしまいます。

また生理の経血には雑菌が多く含まれています。女性だけではなく、男性の方も感染症のリスクが高まるのだということを知っておきましょう。

不妊の原因を作ってしまうことも・・・

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

生理中のセックスが直接不妊の原因になるわけではありませんが、最悪の場合、不妊の原因を作ってしまうこともあります。

生理中の女性の膣内はとても無防備な状態。雑菌などが原因の感染症を起こしてしまいやすくなるのはもちろんですが、性病などの感染リスクも高くなってしまいます。もし、相手の男性が性病を患っている場合、その感染リスクは非常に高くなるのです。

とてもデリケートな時期にある生理中にセックスをすることで子宮内膜炎や腹膜炎を引き起こしてしまうこ友あるため、それが最悪の場合、不妊の原因になってしまうことがあります。

「絶対安全日」はないものと思うべし!

生理中は安全日だという思い込みはとても危険です。妊娠するしないはもちろんですが、それ以外の面でもトラブルが起こりやすくなってしまいます。

セックスの際には、「絶対安全日なるものは存在しない」ということを意識し、妊娠を望まないのであれば必ず避妊を行うようにしましょう。

PR