生理痛に温湿布などで、下半身を温めるのは、痛みを緩和するのに有効です。
244views

生理痛に温湿布などで、下半身を温めるのは、痛みを緩和するのに有効です。

女性であれば、生理の時の腹痛、腰痛、頭痛などの痛みに悩まされたことがある人が多いでしょう。このような痛みは温めることで、症状を改善することができますから、生理痛に温湿布などを貼って下半身を温めることは痛みを和らげるのに効果があります。

生理痛はなぜ起きるの?

ホルモンの働きや血行不良が生理痛の原因

生理に伴う腹痛、腰痛、頭痛などの痛みは、女性にとって憂鬱なものです。女性の約9割が、生理痛に悩んだことがあるというデータもあります。これらの痛みをを少しでも和らげるためには、まず、なぜ生理痛が起こるのか、その原因を知っておくことも大切です。生理痛の原因はいくつか考えられますが、ひとつには、子宮を収縮させるプロスタグランジンというホルモンが過剰に生成されるのが原因と言われています。このホルモンが分泌されると、子宮の収縮が強くなることから、下腹部や腰の痛みがでたり、また、このホルモンには痛みを強める働きもあるため、頭痛などの原因にもなります。

ホルモンの働きや血行不良が生理痛の原因さらに、からだの冷えや精神的なストレスによる血行不良も生理痛の要因であると言われています。血液の循環が悪くなると、プロスタグランジンが骨盤内に滞ることになって痛みにつながるという悪循環になることもあります。その他にも、若い女性では、子宮の出口がまだ狭いことから、経血が外に流れにくいため、痛みがでることもあるといわれています。

 

生理痛を少しでも和らげるには

生理痛に温湿布などで体を温める

女性のからだには、冷えは大敵であると言われています。その言葉の通り、生理痛の原因となる血行不良は、からだが冷えることがその一因となっています。そのため、生理痛に温湿布やカイロなどで体を温めることは、血行不良の改善につながるため、痛みを和らげるのに一役買ってくれるはずです。

温湿布を貼る場所は、おへその下あたりの下腹部や、背骨の下で骨盤の中央にある仙骨と呼ばれる骨の辺りがいいでしょう。お腹ばかりではなく、足先まで冷えないように、くつしたも履いておきましょう。温湿布やカイロは暑すぎるという季節には、腹巻をするのも有効な方法です。冷房の効いた部屋などでは、ひざ掛けなどを使って、下半身を冷やさないようにしましょう。また、入浴時間はシャワーだけで終わらせず、湯船にゆっくりと浸かって、体全体を温めるようにしたいものです。ただし、生理中に湯船に入ることに抵抗のある人は、足湯をするだけでも違います。

生理痛に温湿布などで体を温める湯船や足湯のお湯の中に、痛みを和らげる効果のあるゼラニウム、クラリセージ、サイプレスなどのエッセンシャルオイルを入れると、さらに効果的でしょう。加えて、ストレスをためないように、同じ姿勢を長時間続けないようにして、適度な運動をするよう心がけたり、体を締め付ける洋服などは避けるようにしたいものです。

 

つらいときは、薬で改善する方法もある

生理の時に。からだを温めたり、ストレスをためないようにするだけでは改善できないような、強い痛みがあるときには、薬の力に頼って痛みをやわらげることもできます。直接痛みに効くように鎮痛剤などを服用することもできますし、生理痛がひどい場合には、低用量ピルを服用することで、排卵を一時的に停止させて、生理痛などの症状を和らげるという方法もあります。また、服用するとすぐに痛みが治まるというわけではありませんが、漢方薬により体質改善を行って、血行を良くするという方法もあります。生理は毎月訪れるものですから、生理痛が起きたときの自分なりの対処方法も見つけておきたいものですね。

つらいときは、薬で改善する方法もある

PR