本当につらい秋から冬の生理痛の原因と対策方法
242views

本当につらい秋から冬の生理痛の原因と対策方法

秋から冬にかけて生理痛が辛くなる方が沢山います。何故、秋から冬の生理痛が辛いのかをしっかりと理解できれば冬の辛い生理痛の症状を改善する事ができます。そこでこのページでは、秋から冬にかけて生理痛で悩んでいる方の為に、辛い生理のメカニズムと生理痛の改善方法などをご紹介していきます。

冬に生理痛が強くなってしまう理由とは

冬に生理痛が強くなってしまう理由とは普段はあまり生理痛が酷くない方でも、秋から冬のシーズンになると急に生理が辛いという経験をされている方は少なくないと思います。

何故秋から冬の生理痛が辛くなってしまうのかは、生理が起こるメカニズムに関係しています。そもそも生理の時に生理痛が起こる原因は、子宮内膜の剥がれによって起こるものですが、子宮内膜の剥がしている物質がプロスタグラシンによってお腹が痛くなっています。

プロスタグランジンは痛みを強める効果がある上に、身体の冷えによっても多く分泌される性質があります。そのため、秋から冬のシーズンには、体温が下がるだけでなく血流までも悪くなる傾向にあるので、大量に分泌されたプロスタグラシンの流れが滞ってしまいがちになります。その為、夏などに比べて子宮にプロスタグラシンが長く留まってしまったので生理痛が強くなる傾向にあるという事です。

本当に辛い冬の生理痛の場合には

本当に辛い冬の生理痛の場合には冬の生理痛はとにかく体を冷やさない事が重要になります。厚着をしたり、腰に使い捨てカイロを忍ばせたりと寒さ対策が重要になります。

しかし、どのような対策をとっても生理痛の強さが収まらないような場合には、産婦人科に行くようにしましょう。月経痛は内膜症になる脱可能性があります。毎月の事だからと思わずに産婦人科を利用してください。

冬の生理痛を改善させるために

冬の生理痛の痛みを軽減させるために行って欲しい事は運動です。冷え性の方に多いのが筋肉の量が足りていない事です。筋肉は熱を生み出す器官ですので、筋肉が少ないという方は新陳代謝の働きも弱いという事になりますので、冷えやすくなってしまいます。筋肉を増やす事は、冬の生理痛を改善させるだけでなく、カロリーが消費しやすい身体を作る事ができますのでおすすめです。

また冬の生理痛を改善する方法としては、根菜を意識的に食べるという事もあります。根菜は基礎体温を向上させる効果があります。特にごぼうやニンジン、大根、カボチャなどは様々な料理に使えると思いますので、積極的に摂取してみてください。

冬の生理痛の痛みを軽減させるためには、半身浴などで身体を温める事も重要になります。最近ではシャワーだけで済ませてしまう方も多いのですが、しっかりと浴槽に浸かることで生理痛を軽減させる事ができます。生理中は浴槽に浸かれないと思いますので、日常的に浴槽に浸かって温まるようにしてください。

生理痛は女性だけでなく男性の理解も必要

生理痛は女性だけでなく男性の理解も必要社会人になると、定期的に会社を休んだり、遅刻してしまう女性を見かける事があるかもしれません。生理痛が理由で体調を崩すのを見るとイライラしてしまうこともあるかもしれません。そういった方が不満に思ってしまう心情の根本的な原因は、他には休まないでいられる人もいるのに、特別扱いは出来ない…と思ってしまうからかもしれません。

しかし生理痛は人によって症状は様々で、当然痛みの強さも個人差がありますので、休みが必要になる場合とそうでない場合というのは、必ず起こることになります。また、生理痛は下腹部の痛みだけだと思われている方も多いのですが、生理中にエストロゲンというホルモンが減る事によって脳にあるセロトニンが減少します。セロトニンが減少すると、強烈な偏頭痛が起こったり吐き気が起こったりすることがあります。そのため、起き上がることさえ出来なくなる女性もいます。精神的にも肉体的にも辛いのが生理痛と言う事を理解するように心がけてください。

PR