生理周期がバラバラな人の特徴10!~原因はストレス以外にもあり~
63,964views

生理周期がバラバラな人の特徴10!~原因はストレス以外にもあり~

生理周期がバラバラなのは、若い方であれば、生活習慣が乱れている可能性があります。寝不足や栄養不足、人間関係などのストレスによっても、生理周期が乱れてくる恐れがあります。 また閉経前は生理周期がバラバラになることも!

生理周期がバラバラ!これって何か問題があるの?

生理周期がバラバラになるのには、何か問題があるのでしょうか。
女性ホルモンのバランスが崩れることが原因で生理周期がバラバラになってしまうことをご存じでしょうか。

legs-434918_640
たとえば、通常生理は約28日周期で訪れるのですが、ホルモンバランスが崩れることによって生理が一月に2回来たり、2カ月に一度来る人もいます。また生理が来ても、過剰に経血量が多く、生理が長く続いてしまうこともあります。

このまま放置しておくと、将来、子供が欲しいと思った時に、タイミングよく子供を授かることができなくなってしまいます。

また生理周期は女性にとって、健康な身体かどうかのバロメーター的な役割も担っています。
食生活が乱れたり、睡眠不足、仕事が忙しいく過労気味、人間関係のストレスを抱えていると、たちまちホルモンのバランスが崩れて、生理が止まってしまうこともあります。

生理周期がバラバラになる要因はいろいろあります。

生理周期がバラバラになってしまう要因はたくさんあります。
思い当たることはありませんか?

①毎日、夜更かしをしている。
②ダイエット中で、極端なカロリー制限をしている。
③ダイエット食品などで置き換えダイエットを一日二食以上している。
④毎日なんだかからだがだるい。
⑤引っ越しや就職、進学など生活が大きく変わった。
⑥最近、身近な人やペットなどが亡くなった。
⑦1人で色々と背負いこみ、解決しようとする方だ。
⑧インスタント食品ばかりを食べている
⑨忙しくて、カップ麺やおにぎり、スナック菓子などで、食事を済ませてしまう。
⑩人間関係など、常に悩みを抱えている状態だ。

girl-97433_640
いかがでしょうか。
いくつか当てはまる方は、要注意です。

生理が2回以上くることはありませんか?

無排卵性頻発月経は、生理が来ているのにも関わらず、排卵していない状態です。

卵胞期短縮性頻発月経は、排卵はしているのですが、生理から排卵日までの日数が極端に短い状態です。

黄体機能不全型頻発月経は、黄体機能の働きが悪くなっており、子宮内膜が完全に子宮内を覆わないうちに、子宮内膜が剥がれ、月経が通常よりも早まってしまうというものです。

一か月のうちに何度も生理が来るのは、あきらかに異常のシグナルであるため、早めに直さなくてはなりません。

pregnancy-644071_640
また、将来子供が欲しいと思った時に、子供を授かることが出来ないので、早めに産婦人科を受診しましょう。産婦人科を受診すると、月経が頻発に起こってしまうのを治療するために、ピルが処方されるケースがほとんどです。

ピルは避妊薬としての認知度が高いものですが、生理不順などの治療にも使用されています。ピルは医師の指示通りに服用することによって、乱れていた生理周期を正しくすることができるのです。

四十代で閉経が近づく?

adult-19033_640
二十代のころは、月経時の経血も鮮明で量も多かったのに、三十代、四十代となるとだんだんその量も減って生理期間も短くなってしまう傾向があります。

女性の社会進出によって結婚年齢や出産年齢もだんだん上がってきました。高齢出産のリスクはまったくないとまでは言えませんが、四十代前半でも、丈夫な赤ちゃんを産んでいる方も多くいらっしゃいます。

baby-18966_640
これから、まだ赤ちゃんを授かりたいと思っている方にとっては、年齢と卵巣機能との関係が一番気になることではないでしょうか。

閉経は卵巣機能が低下してしまうことによって、月経も止まってしまいます。外でバリバリと働いているキャリアーウーマンの方であれば、ちょうど役職などがつくころであり、多忙で常にストレスを抱えた状態であるため、女性ホルモンの分泌にも大きく影響があります。

つまり女性ホルモンの分泌量が低下することにより卵巣機能も低下するため、閉経年齢も下がってくる危険も秘めているのです。

ストレスと女性ホルモンの関係は密接なものです。いつまでも女性らしく若くいたいのであれば、いかにストレスを少なくして、人生を楽しむことができるかが重要なポイントではないでしょうか。

PR