生理予測をすれば自分の身体のリズムをつかむことができます
27views

生理予測をすれば自分の身体のリズムをつかむことができます

生理予測をするには、毎日自分の基礎体温をつけ排卵日を知ることが大切です。グラフ化すれば妊娠しやすい日や自分の体調の波を知ることが出来ます。イベントがあるときなど生理予測をしておけば、大切な日に重なることもありません。最近では無料アプリも出回っており、生理予測日を知らせてくれるサービスもありますよ。

この間来た生理の日を覚えていますか?

手帳に自分の生理があった日を記録していますか?

生理日を記録

生理記録をただしくつけておくと、自分の生理予測をすることができます。きちんと手帳に自分の生理を毎月しっかり記録しておけば、あらかじめ次に来る生理日を予測することができるため、前もって準備することができるので、慌てることはありません。もしも、自分の生理を記録していなかったのなら、突然、生理が来てしまい、ナプキンなどの生理用品の準備をしていなくて慌ててしまうこともあるのではないでしょうか。

生理には周期というものがあります

毎月、きちんと生理がある方の場合だと、決まった間隔で生理が訪れます。この間隔のことを生理周期と呼びます。生理周期にはかなり個人差があり、25日から38日周期ぐらいまでであれば普通でしょう。自分の生理周期は過去の生理があった日を調べていくと何日周期で訪れるのかを知ることができます。これによって次の生理はいつから始まるのか、生理予測をすることができます。

生理予測ができれば最初から大切な日を避けられる

生理日予測で生活を計画的に

たとえば友達や彼と出かける予定を立てる場合、一か月ぐらい前から予定を立てることもあるかもしれません。そんなとき、自分の生理予測ができれば、生理期間を避けて予定を立てることができます。

基礎体温表をつければ生理周期を自分の味方にできる

基礎体温をつけて生理周期を確認

体調の良い時と悪い時を把握できます

生理日を手帳につけることは、多くの女性が行っていることではないでしょうか。しかし基礎体温表を実際につけている女性は、数少ないかもしれません。子供が欲しいと思っている妊活中の女性であれば、毎日きちんと基礎体温をつけているのではないでしょうか。確かに毎日決まった時間に起きてベッドの中で動かず基礎体温を測り、記録にすることを一日も忘れずに続けることは、とても難しいことでもあります。しかし、基礎体温表をつけることによって、自分の体調の良い時と悪い時の波を把握することができるのです。体調の悪い時は、精神的にもイライラするため、物事もあまりはかどらなくなってしまいます。肌の調子もよくなく、便秘気味になります。体調の良い時は、気分もとても明るく、前向きであるため物事がスムーズにはかどるのです。

低温期と高温期の時期で気分も変わる

女性の気分は、二つの女性ホルモンによって支配されていると言ってもよいでしょう。高温期に分泌されるホルモンと低温期に分泌されるホルモンによって、精神的に不安定になったり、精神的に安定したりするのです。基礎体温を測りグラフ化すると、体温が低い時期と体温が高い時期に分けられます。低温が続いた後に、体温がグッと下がる日があります。この日は排卵日と呼ばれており、この前後の日は妊娠しやすい時期でもあります。低温が続く時期には、エストロゲンという女性ホルモンが分泌され、肌や身体の健康もよく、精神的にも前向きで明るい気分になることができます。反対に高温期には、プロゲステロンというホルモンが分泌され、肌や身体の調子も悪く精神的にもイライラしてしまうのです。

生理中は憂鬱ですが、生理中からその後は絶好期

生理中は経血が流れるときでもあるため、あまり動けず憂鬱だなと思う方もいるかもしれません。生理が始まってから、排卵日があるまでの14日間は、低温期であるため、精神的にも安定した時期であるため、何かやろうと思うならこの時期に行うのが一番でしょう。とは言ってもいくら絶好期だと言っても、生理期間中はやはり活動的には動きたくないものです。そこで月経がはじまって終わる約1週間は、穏やかに過ごし、生理が終わってからの1週間は、大切なことや楽しいことをやる日にするのです。あらかじめ生理予測することができれば、生理が終わってからの1週間の間にイベントのスケジュールを立てれば、気分もハッピーな時なのでうまくいきますよ。反対に高温期の時期は、家でおとなしくしているのが一番かもしれません。

PR