生理前の微熱の原因は何?生理前の微熱の対処法は?
277views

生理前の微熱の原因は何?生理前の微熱の対処法は?

生理前の微熱で、からだがしんどいと感じている方はいらっしゃいませんか?生理が始まる前に微熱があると、とてもつらいですよね。生理前の微熱の原因は、いったい何なのでしょうか?生理前の微熱の原因と対処法について勉強しましょう。

生理前のつらい微熱をなんとかしたい

生理で微熱も

生理前の微熱でからだがだるいと、生理が始まる前なのに憂鬱な気分になりますよね。生理前に微熱が出る原因とは何なのでしょうか?原因と対処法についてご紹介しましょう。

生理前の微熱の原因とは?

生理前に微熱が出るのは、黄体期の体温と関係しています。黄体期というのは、排卵をした後から生理が始まる前までの期間のことです。黄体期には、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの分泌が高まります。この黄体ホルモンの分泌によって体温が上昇し、生理が始まると体温が低下します。平熱が高い方は、黄体期に入った時に体温が37度以上となるため、寒気や悪寒を感じてからだのだるさを伴うことになります。

生理前の微熱が起こると、からだが体内の熱を逃さないようにするために、血管を収縮させます。これによって体表の温度が下がって寒気を感じます。このような人間のからだのしくみによって生理前の微熱で寒気が起こります。

生理前の微熱は月経前症候群かも

生理前の微熱はPMSの症状の1つかも?

生理前に微熱や頭痛、腹痛などの症状が出て、日常生活に支障をきたすようであれば、PMS(月経前症候群)かもしれません。PMSの症状は、生理が始まる前までに起こる微熱や腹痛、腰痛や頭痛など様々なものがあります。

PMSの場合は、婦人科に相談をすることでサプリメントや漢方などの処方をしてもらうことができます。微熱以外の様々な症状で悩まされている方は、一度産婦人科を受診してみてもらうようにしましょう。

生理前の微熱の対処法は?

生理前の微熱に悩んでいる方の多くは、体温が低い方のようです。35度の低体温の方は、高温期に体温が36.8度から37度程度になると、普段よりも体温が2度以上も上昇するため、からだがだるく感じやすいでしょう。これに対処するためには、普段からからだを冷やさないようにすることが大切です。からだを冷やさないための方法をいくつかご紹介しましょう。

温かい飲み物

【温かい飲み物】
夏の暑い季節は、冷たいビールや炭酸水をがぶ飲みしたくなりますよね。冷たい飲み物は、からだを内側から冷やしてしまいます。飲み物は紅茶や緑茶などの、あたたかいものをとるようにしましょう。根菜類の入ったスープは、体を芯から温めてくれるのでおすすめです。

【手首足首のしまった衣類】
夏は冷房がきいた部屋で過ごすことが多いのではないでしょうか?冷房の冷たい風にあたっているとからだが冷えてしまいますよね。手首や足首を冷やさないことが大切なので、夏でも靴下を履いて足首をあたためたり、手首のしまった服を着てからだを温めるようにしましょう。

湯船で温まってリラックス

【浴槽につかってリラックス】
普段、お風呂に入らずにシャワーですませているという方はいらっしゃいませんか?いつもしっかりと浴槽につかり、からだを温めることが大切です。ぬるめのお湯にじっくりと浸かる半身浴もおすすめ。また、朝は手足が冷たくなりやすいため、足湯をしてからだを温めるもの良いですよ。

【からだを温める運動】
家でも簡単にできるからだを温める運動があります。それは、踏み台昇降運動です。階段や踏み台を利用して、両腕を前後にしっかりと振りながら上り下りの運動をしましょう。1日5分続けると、冷えを改善できるので、今日から始めてみてください。

PR