生理前の黄色のおりもの、これって危険?病気の可能性があるおりものとは?
4,533views

生理前の黄色のおりもの、これって危険?病気の可能性があるおりものとは?

生理前の黄色のおりものが気になるという方、いらっしゃいませんか?生理前になるとおりものに変化を感じる女性の方は多いのではないでしょうか?生理前のおりものや、性病に掛かるとどのようなおりものになるのか、また妊娠をしたときのおりものについて勉強しましょう。

生理前のおりものの色や臭いは?

生理前の黄色のおりものが気になる…生理前のおりものの臭いが気になる…という方へ、生理前のおりものについてご紹介しましょう。

生理前のおりものってどんなもの?

オリモノの変化

生理前のおりものは、一般的に量が増えて臭いがきつくなります。おりものの形状はどろっとしていて、白濁したような色です。生理の数日前になると、少し血液が混ざってピンク色のようなおりものになることもあります。

もし、生理前のおりものが黄色であれば、性病に掛かっている可能性があります。黄色のおりものが出る性病としては、クラミジア感染症や淋病などがあります。次に、おりものの色や形状と性病について詳しくご紹介しましょう。

性病のときのおりものの色や形状は?

病気によるオリモノの色の変化
【クラミジア感染症】

色…黄色
形状…水っぽいようなおりもの
臭い…臭いの変化は特になし
量…多くなることがある
クラミジア感染症の場合は、おりものに変化が出ず、無症状の場合もありますが、量が多くなることもあります。おりものの変化に伴って、下腹部痛や発熱を伴うことがあります。

【淋病】

色…黄色
形状…膿のような形状
臭い…臭いがきつく強くなる
量…多くなることがある
淋病に掛かると、発熱や下腹部痛が起きることがあり、不妊の原因となります。淋病が目に感染をすると、失明をすることがあるため注意をしなければなりません。

【子宮内膜炎】

色…黄色のおりもの
形状…膿のような形状
臭い…悪臭を伴う
量…多くなることがある
子宮内膜炎は、いろいろな細菌が原因で炎症が起こり、膿性の黄色いおりものが特徴です。発熱や下腹部痛が起こることもあります。

【トリコモナス膣炎】

色…黄色や黄緑色
形状…気泡があるおりもの
臭い…強い悪臭
量…多くなる
トリコモナス膣炎は、かゆみを伴い、灼熱感や刺激感があります。性交渉による感染がほとんどで、トリコモナス原虫によって起こります。

【カンジダ膣炎】

色…白くカッテージチーズや酒粕のような色
形状…ポロポロとした形状
臭い…臭いは特に変化なし
量…多くなる
カンジダ膣炎になると、強いかゆみを伴い、性行時に痛みがあります。刺激感があり、豆腐かすのようなおりものが特徴です。

妊娠とおりものの変化

妊娠によるオリモノの色の変化

妊娠前におりものに変化を感じた女性は多くいらっしゃいます。どのような変化があるのでしょうか?

【妊娠初期のおりものの色は?】

妊娠初期のおりものは、普段よりも濃い色になる方が多いようです。妊娠をしていないときは、透明や白濁した色ですが、妊娠をするとクリーム色や茶色などに変化をした方もいらっしゃいます。

【妊娠初期のおりものの形状は?】

妊娠をすると、おりものの形状がさらさらになったという方が多いようです。

【妊娠初期のおりものの臭いは?】

妊娠をしていないときの膣内は酸性の状態のため、すっぱい臭いがしますが、妊娠をしたことによってすっぱい臭いがなくなったという方が多いようです。

【妊娠初期のおりものの量は?】

妊娠初期のおりものは、量が普段よりも増えたという方が多くいらっしゃいます。

妊娠前のおりものの変化については、個人差があるため、一概に断言はできませんが、普段とは違うおりものが出たという方が多いようです。

PR