生理前の情緒不安定がひどいときはPMDDの可能性
1,013views

生理前の情緒不安定がひどいときはPMDDの可能性

生理前の情緒不安定は、誰にでも起こり得るというのが女性の間での常識です。確かに8割以上の女性が実感しているというPMS(月経前症候群)の特徴にも、情緒不安定になりやすい点があります。しかし、あまりにも情緒不安定が顕著な場合、PMDD(月経前不快気分障害)の可能性もあることについてお話しましょう。

生理前の情緒不安定がある女性はPMDDの予備軍

生理前に情緒不安定になる

生理前の情緒不安定は、ほとんどの女性が経験しているのではないでしょうか。ホルモンの分泌に変化が訪れ、バランスを崩しやすい時期ですから、普段より少しくらいイライラしやすくなったり落ち込みやすくなっても不思議ではないのです。生理前の情緒不安定は、8割以上の女性が自覚しているPMSの症状の可能性が高いです。ですが、中には自身をコントロールできなくなるほどの情緒不安定に陥ってしまう女性もいます。その状態は、PMDDの可能性があります。

PMDDは月経前不快気分障害と呼ばれる症状で、月経前症候群の数々の症状の中でも特に精神状態がひどく不安定になることを指します。人によっては病的な行動に走る場合もあり、早めに対処することが大切です。

PMS(月経前症候群)とPMDD(月経前不快気分障害)の違い

PMSとPMDDの違い

PMSとして生理前の情緒不安定に陥る人は多いものですが、統計的に見ると約2割の女性はPMSの症状を感じていないことになります。精神的な症状が重く出てしまうのがPMDDの特徴とはいえ、PMSとPMDDとは深い関係があるといえるでしょう。PMSの症状が出やすい人には、性格的に真面目で几帳面だったり、依存しやすい、コンプレックスが強いなどの傾向があるという婦人科による調査結果が出されたこともあります。もしも生理前の情緒不安定が顕著だという女性は、一度婦人科に相談してみることを検討してみてください。

PMDDの症状は、生理のある女性の3%から8%程度に出ているといわれています。原因は、排卵によって卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に増えること。ホルモンの急増に、体がついていけなくなるのです。

日常生活での生理前の情緒不安定の対処法

いかにリラックスするかが大事

生理前の情緒不安定は、日常生活レベルでも対処できる場合があります。方法としては、例えば体調が辛いときに無理をせず休息を取ること、ストレッチやヨガのような軽い運動でリラックスを試みるのも一案です。

食生活の改善も、大きな影響力を持っています。なるべく控えたいものとしては、塩分、糖分、アルコール、カフェインなどがあります。これらの成分は、全て依存しやすい特質を持っています。過剰に摂取すれば毒素となる成分でもあることから、リラックスのために甘いものをたくさん取るなどの行為は止めておきましょう。逆に積極的に取っておきたいのは、ビタミンB6やB12、マグネシウム、カルシウムなどを含む食品です。もちろん、節煙や禁煙ができたほうが理想的です。

婦人科で治療する生理前の情緒不安定

PMDDの症状は、自分では管理しきれない気持ちの暴走を招いてしまいます。中には、自傷行為に走ったり、家族を苦しめるような言動に至る人もいるため、婦人科での治療も検討に入れておきましょう。

婦人科では、抗うつ薬が処方されることがあります。抗うつ薬というと副作用を心配する方もいるでしょうが、最近では排卵から生理までの期間だけ服用するように薬が処方されるケースも見られます。また、婦人科イコール抗うつ薬の処方とは限らず、ときには排卵を抑えるためにピルの処方で対処する場合もあります。いずれにしても、患者と医師との相談によって治療法が決まるため、まずは生理前の情緒不安定への不快さを打ち明けるつもりで婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。

PR