生理前のダイエットと生理後のダイエット、成果を比較
144views

生理前のダイエットと生理後のダイエット、成果を比較

生理前のダイエットは、体が溜め込みをしようとする期間のため失敗しやすい傾向があります。逆に、生理後は排泄しようとする期間にあたり、ダイエットも上手くいきます。それなら、生理前は生理後ダイエットの準備期間とすればいいのです。ここでは、生理前のダイエットを無駄にしない方法についてお話しましょう。

生理前のダイエットは、生理後のダイエットを成功させる準備段階

a066ec3697efdb8d12ca33febb42390f_s

女性は何歳になっても美しくいたいものですから、生理の時期に関わらずいつ何時でもダイエットしたいと思っている人も多いものです。しかし実際には、生理前のダイエットを頑張っても上手くいかないもの。むしろ逆効果になってしまう場合も多く、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

そうはいっても、美しくなる努力をダイエットに傾けたくなる気持ちはあって当然です。ただでさえ生理前にはホルモンの変化でふっくらしやすいため、何もせずにいることにストレスを感じても不思議ではありません。そんなときこそ、取り組んでほしいのが生理後のダイエットに向けての準備です。生理前にちょっとしたルールを決めるだけで、元々痩せやすい生理後のダイエットの成果を更に上げることができます。

生理前のダイエットが失敗しやすい理由

7415e49f9a0886c1c46d17f73a752800_s

女性の体は、毎月のように妊娠の準備をしています。妊娠しなければ排卵期の後に生理がやってきて不要物が排出されますが、妊娠すればそのまま体内に受精した卵子が残り、胎児を育てていくために必要なものを溜め込み始めるのです。溜め込みを始めるのは、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増加するため。妊娠をしていなくても排卵の後にはプロゲステロンが増加して妊娠の準備と同じようなことが始まり、生理が始まってやっと排出となるわけです。

このような働きが、女性の体内では毎月のように行われています。だからこそ、排卵期後から生理までの約2週間は、正常に生理周期がまわっている女性なら誰でも太りやすくなって当然なのです。お腹の中で赤ちゃんを育てやすく、出産しやすくするために食欲を増し、代謝も抑えられます。

生理前のダイエット準備は豆乳1週間が決め手

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s 豆乳

生理前の体が太りやすくなっているのが自然とはいえ、あきらめることはありません。生理後には、生理前とは逆に卵胞ホルモンのエストロゲンが多く分泌されるようになり、痩せやすくなります。エストロゲンには脂肪を燃焼させる作用もあり、生理後には排出されるものが多いため、ダイエットには打ってつけの期間なのです。

生理前のダイエットが成功しないからといってヤケにならず、生理後のダイエットの成功率を高めるための準備期間と思えば、効率よくダイエットをすることができます。方法としては、生理前の1週間、豆乳を飲むという方法が話題になっています。豆乳にはエストロゲンと似た働きをする分子構造がある大豆イソフラボンが多く含まれており、生理前に飲んでおくと生理後の体の働きをダイエットに向けてスムーズにしてくれる効果があるといわれているのです。

生理後のダイエットをより効果的にする方法

生理後のダイエットをより効果的に成功させるには、生理前のダイエットにも工夫が必要です。その一つが1週間の豆乳の摂取というわけですが、他にも日頃からの積み重ねがダイエットを無理なく成功に導いてくれるでしょう。

ストレスを溜め込まないようにし、睡眠をしっかりとる、適度な運動を心がける、栄養バランスの良い食事をするなどの基本的な生活習慣を大切にすれば、ホルモンのバランスが過剰に乱れることは少なくなります。そうすれば、ダイエットを延々と続ける必要もなく、理想の体型をキープしやすくなるでしょう。生活を楽しむ余裕も生まれて、女性として生まれた人生を更に楽しめるはずですよ。

PR