生理中の頭痛はホルモンバランスの乱れ?改善する方法は
95views

生理中の頭痛はホルモンバランスの乱れ?改善する方法は

生理中の頭痛は、女性ホルモンのバランスが乱れるためだといわれています。そうはいっても、毎月のように頭痛に悩まされるのでは、女性も困ってしまうでしょう。あきらめて休息を取っているという女性も多いでしょうが、改善のためにできることはあるので何とかしてみましょう。

生理中の頭痛の対策は、ホルモンのバランスを整えるのが最善策

生理中の頭痛

生理中には、様々な症状に苦しめられることがあります。症状の種類や程度には個人差があり、頭痛に悩まされているという女性もいるでしょう。原因は、大きく分けて2つあります。1つは、生理による出血で脳内に血が不足してしまうこと。そのため、脳内で血流が悪くなってしまうのです。もう1つは、女性ホルモンの分泌バランスが乱れるため、体がついていけなくなり頭痛を起こすというものです。

いずれにしても、対策方法はあります。一番大切なのは、ホルモンバランスを整えること。そうすれば、生理で出血があっても貧血を防ぐことができ、ホルモンバランスを激しく乱して体調不良を起こしてしまうことも少なくなります。そのために何をすればいいのか、お話していきましょう。

女性ホルモンの働きに似た成分を効果的に摂取する

大豆の助けをかりる

女性ホルモンのバランスが乱れることによって女性の体に様々な異変が生じるのを防ぐため、病院では女性ホルモンを投与する治療が行われてきました。しかし薬剤としての女性ホルモンの投与には副作用もあり、必ずしも好ましいとは限らなかったのです。そこで、女性ホルモンの働きによく似た成分を摂取する方法が研究されました。例えば、大豆に多く含まれる成分の大豆イソフラボンなどは、代表的です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに分子構造がよく似ており、女性ホルモンの乱れによって起こる障害にも役立つと考えられています。大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、血流をよくする効果もあります。ですから、血流が滞りがちな生理中の頭痛を和らげてくれる期待を持てるのです。

大豆製品の種類を選んで生理中の頭痛に役立てる

豆乳の助けを借りる

生理中の頭痛をはじめ、女性ホルモンの乱れによる各種の障害は、大豆製品なら何を食べても効果があるというわけではありません。もちろん人によっても摂取後にどの程度役立つかは違ってきますし、大豆の加工過程によっても大豆イソフラボンの吸収率が違ってくるのです。

大豆イソフラボンは水溶性の栄養素で、水で調理すると成分が少なくなってしまいます。そのため、豆腐や水煮で食べても期待するほどの効果を得られないことがあるのです。では何がいいかといえば、豆乳や納豆がおすすめです。豆乳も納豆も、大豆を蒸して加工します。大豆イソフラボンを減少させ過ぎる心配なく、効果的に摂取できるはずです。ただし、女性ホルモンのエストロゲンが増えすぎてしまう恐れもあるため、大豆イソフラボンの摂取は過剰にならないように注意してください。

規則正しい食事と生活習慣を心がける重要さ

規則正しい食事と生活の大切さ

健康的で美しい体を保つために、生活習慣や食生活を整えることが大切だとよくいわれます。もう耳にタコが出来たとうんざりされるかもしれませんが、実は規則正しい生活を守れていれば、実はどんな問題も最小限に抑えることが可能なのです。

生理中の頭痛の問題も、血流や女性ホルモンの乱れを整えて改善するためには、生活を規則正しくすることが役立ちます。特別無理な対策をしなくても済むのなら、基本的な生活習慣を改善するのが一番楽ではないでしょうか。日頃からの少しずつの積み重ねが、健康で過ごしやすい体を作っていくことを認識し、毎月の悩みを減らしていくようにしましょう。食事では栄養バランスを大切にし、適度に体を動かして毎日しっかり眠る、これだけでも生理中の頭痛は大分防げるようになってきます。

PR