ツライ!生理後の頭痛はどうして起こるの?その対策は?
457views

ツライ!生理後の頭痛はどうして起こるの?その対策は?

生理後の頭痛で悩んでいる人はいませんか?生理中に頭痛というのは聞くけど、生理後の頭痛も生理と関係しているものなの?一体どうしたら楽になれるのか一緒にチェックしていき、少しでも頭痛から解放された日々を送っていきましょう!

ツライ生理が終わったと思ったら次は頭痛・・・そんなツライ日々を送っている人はいませんか?一緒にその原因と対策をチェックしていきましょう!

生理後の頭痛はどうして起こる?

生理の後にいつも頭痛がする

毎回生理後に起こるとわかっているのであればやはり生理が関係しているものと考えますよね。生理の周期と関係してホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンと言われる黄体ホルモンの分泌量の増減が激しくなります。このエストロゲン、これが急激に減少するときに脳の血管も拡張し、それに伴って頭痛が起きやすくなるとされているのです。生理後というのもそのエストロゲンの減少のタイミングが少し遅かったり、他にも生理が終わることでホルモンバランスが再び乱れるので、それによって頭痛がおきてしまっていると考えられます。

頭痛と共にこんな症状はありませんか?

吐き気や脱力感、そして風邪に似たような症状が出てくる時も。

ツライ頭痛対策はこれでキマリ!!

頭痛対策してみよう

薬を服用してみよう!

薬を飲むとクセになるから・・・などといった理由で薬を敬遠する人って多いですよね。でも毎月襲ってくる痛みに毎回我慢をしていると身体はもちろんですが、精神面でも弱ってしまいます。ですので「この時だけは!」でもかまいません。薬を服用してみましょう。病院でもよく処方されるロキソニンも最近では薬剤師さんがいるドラッグストアでも購入することができます。薬も人によって合う合わないであったり、他の薬などを飲んでいる人の場合だと飲み合わせなどの心配がありますので、まずは薬剤師さんに相談してみるのがいいと思いますよ。今回のように片頭痛である場合はそれに特化した薬もあるのでそういったものを購入するのもいいですね。

身体を休めよう!

頭痛がしてきて重要なのが「体を休める」ということです。どうしても頭痛は身体を動かすことでさらにひどくなってしまうといったことが起こりがちです、仕事をしていたり、育児などをしていると今していることをほっといてでも休養を!というのは難しいかもしれませんが、長引かせないためにもそういった措置をとる時間をもつことがとても大切になってくるそうですよ。

冷やすもしくは温めよう!

頭痛を感じたとき、温めたり冷やしたりといったことをしていますか?実はこれってよく効くんですよ。でも冷やすか温めるかというのはその効き目が人によってかわってくるそうなので、一度試してみるようにしてください。冷やすのであれば手軽に”冷えピタ”などを使うと冷やしやすいですし、温めるというのであれば使い捨てカイロを用いるなどして簡単にできるものが続けやすいですよね!

ツボを押してみよう!

ツボで頭痛を緩和

耳の後ろに骨の膨らみがあるのですが、そこの下部分から指一本分上にあるツボ「完骨(かんこつ)」を指で押し込むように押していきます。そのご首筋をマッサージすると効果的だそうですよ!

ツボで頭痛を緩和

手の甲側の手首の関節から指を2本分手前のところにあるツボ外関(がいかん)を強めに刺激をします。

最後に

いろいろな頭痛対策を記載しましたがどうですか?なかなか実際するとなると「休む」というのが一番難しいかもしれません。でもそれが一番の近道であることは頭の片隅に入れておくようにしてください。そして手軽に取り入れることのできるツボ!これなら仕事中でも取り入れても目立つことはないものばかりなので、ちょっとストレッチしてる風ですることもできるのでは?ぜひとも一度やってみてくださいね!

PR