毎月やってくるツライ生理痛対策を一挙ご紹介しちゃいます!
35views

毎月やってくるツライ生理痛対策を一挙ご紹介しちゃいます!

生理、それはほぼ毎月やってくる憂鬱なものですよね。出血していることで身体がだるくなったりするのはもちろんやはり一番の憂鬱になる原因になるのは”生理痛”と答える人も多いのでは?そんなツライ生理痛対策をいろいろチェックしていきます!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月イチやってくる生理。来なくちゃ来ないで心配だけど、来たら来たで厄介者。そんな厄介者の原因である”生理痛”皆さんはどういった対策をしていますか?

ツライ生理痛対策

こんな方法がオススメ!生理痛対策はこれだ!

身体を温めていますか?

ついつい暑い季節になると入浴も湯船につからずシャワーで済ませてしまったりしていませんか?「夏だし冷えることないし大丈夫!」って思っている人NGですよ!夏であっても身体は冷えます。特に夏というのは冷房を入れている環境が圧倒的に多くなり、それもその空間に長時間いますよね?そうすると身体は芯から冷えてしまっているのです。冷えてしまうことで血行も悪くなるので生理痛が酷くなってしまうと言われているんですよ。

お風呂で生理痛対策

めんどくさくてもしっかり湯船にお湯をはり、入浴するよう心掛けてください!毎日入浴剤を変えてみるなどするとめんどくさい入浴も楽しいものになると思いますよ!

他にも身体を温める部分としてオススメなのが”仙骨”と呼ばれるおしりの割れ目上部にある骨らへんを温めてみましょう!身体がポカポカしてきますよ!温めるときは仙骨部分に貼るカイロを服の上から当て、さらに下腹部あたりも同様にカイロをあてて自分自身をサンドイッチ状にするとより一層温めることができますよ!温めることによって”エストロゲン”とよばれるホルモンが活発化し、生理痛を和らげてくれるんだとか。

生理痛対策で砂糖は食べない

身体を冷やさないようにするためには食べ物も重要になってきます。実は普段食べているお米や砂糖は精製されていて白いものが多いですよね?そういったものは残念ながら食べることで身体を冷やしてしまうといわれています。なので毎日お米は玄米や五穀米といったものに変更したり、お砂糖や上白糖を三温糖やキビ砂糖といった白くないものに切り替えることが理想です。どうしてもそういったことが難しいときは生理の期間だけお米を玄米に変えたり、寂しいかもしれませんが、生理期間だけ甘いものを我慢し、ドライフルーツ(砂糖なし)のものなどで代用してみてください。特に生理期間付近は太りやすいなんて話もあります。こういった切り替えによって体重増加も防ぐことができるかもしれませんよ!

布ナプキン、使ったことありますか?

最近話題にもよくなっている”布ナプキン”ですが、使っていますか?実はこの布ナプキンは生理痛緩和にとてもいいそうなのです!

布ナプキンを使うことによって下腹部からの”冷え”が防げるんだそうです。ナプキン自体布でてきているので通気性もいいことはもちろん、それなのに保温する力もばっちり!生理痛のおおもとである子宮の冷えを緩和してくれる優れものなのです!通気性がいいので嫌な匂いも抑えることができたり、ムレやかゆみを起こしにくくなるなんて効果もあるんだとか!

ちょっとめんどくさい印象のある布ナプキンですが、家にいるときだけ布ナプキンにするなどして気軽にチャレンジをし始めてみるのはどうですか?

日々、ストレスを感じた生活をしていませんか?

生理痛対策でストレスを溜めない

「ストレスは万病の元」とまで言われていて生理痛にも大きな影響を与えてるんだそうです。ストレスを感じることによってホルモンバランスの乱れが生じ、生理痛の悪化であったり、生理自体の期間をも変えてしまうことも。ストレスを全く感じることのない生活というのは難しいかもしれませんが、感じたストレスを溜め込まないようにすることも”生理痛の対策”にはとても重要になってくるそうですよ!

最後に

手軽に試すことのできるものを挙げてみましたがどうですか?それでもいきなり全部を一斉にすることは難しいかもしれませんので、一つずつでもいいので試してみてくださいね!月イチの憂鬱な期間が無くなりますように!

PR