生理だけでもつらいのに…生理中の便秘乗り切るマル秘テクニック
66views

生理だけでもつらいのに…生理中の便秘乗り切るマル秘テクニック

女性に生まれたら仕方がないけれど、通常の便秘でもつらいのに、それに加えて生理中の便秘ってやっぱりツライですよね!そんなめんどうな生理中になぜ便秘になっちゃうのか、ブルーな気分のときに少しでもラク気分よく過ごせる方法を調べてみました。

ツライ生理中の便秘の対処法と過ごし方

生理日が近くなるとそれまでなんともなかったのに、なぜか便秘に…なんて経験ないですか?気も重いわ腰も重いわ、お腹も重いわで、生理中はなにかと重いことずくしですね。そんなツライ時間をちょっとでも過ごしやすくするする方法を紹介します!

第一の理由は生理中のホルモンの変化

私たち女性の体の中では、生理が始まると排卵日までは卵胞ホルモン、排卵直後から次の生理までを黄体ホルモンが支配という周期を繰り返しています。このとき妊娠していなければ黄体ホルモンが減少していき、妊娠していると黄体ホルモンの分泌は維持されるのです。

しかし、この黄体ホルモン、大切な役割を果たしているのですがいいことばかりではなく残念なことに骨盤内の臓器の収縮を弱めてしまうという側面も。また、黄体ホルモンはいつもよりも腸内の水分を吸収してしまう性質があるため、腸内が水分不足となってしまいます。この作用によって生理前には便秘になりやすいのですね。この時期にはコマメな水分補給が必要です。

第2の理由は血の巡りにあり!

生理前は血流が悪くなります。その理由は、骨盤内にある子宮と直腸は普段は問題なく動いていますが生理前には子宮に血液が集まって、それが腸に影響して腸の動きが悪くなり便秘になるという仕組みです。

生理中の血めぐり

便秘と食欲不振

生理の度に便秘を繰り返したり、そのせいで食欲がなくなってしまったなんて経験ありませんか?実はこの食欲不振も便秘の原因となっている場合があります。食欲不振で食べられなくなり、食べる事ができない事で腸の働きが悪くなってこの悪循環が生まれます。便秘はクセになるとも言われているので放置しないことも大切ですね。

便秘は気になるのだけれどむくみも気になる・・・

便秘の予防のためには水分はとっても大事。それと同時にこの時期水分を多く摂る事でむくみ易い時期でもあり、その辺も気になりますよね。その対策として積極的に摂りたいのが「K(カリウム)」です。カリウムは余分な水分を排出する作用がありむくみケアには効果的です。海草やほうれん草などにも多く含まれます。水分をしっかり摂りつつ同時に排出してバランスをとりましょう。

生理中のむくみ

生理中におススメ飲み物

生理中の便秘はホルモンの乱れや自律神経の乱れも大きく関係します。ココも合わせてコントロールするために飲み物を気をつけると随分違います。

例えば、同じ水ならば冷たい水より常温の水に。コーヒーや紅茶などカフェインが入った飲み物は体を冷やしたり、せっかくのカリウムのはたらきを阻害してしまうのでこの時期には避けたほうがよさそうですね。おススメはやはり、カフェインレスのお茶や、リラックス効果のある温かいハーブティがおすすめですよ。

生理中におすすめのローズティ

例えばローズティ。バラのお茶は女性ホルモンの働きをサポートします。また、便秘にもおススメなのが嬉しいですね。バラの香りに包まれると幸福感がupしますし優雅な気分にもなれリラックスできますよ。

ストレスケアにも気をつけましょう

前述のように黄体期にはむくみなどでどうしても体重は増加傾向にあります。だからといって、食事を減らしたり水分を摂らないようにしたりするのは逆効果どころか無意味です。この時期は放って置いても体重は増えます。ならば、自然のリズムに任せてバランスのいい生活を送りましょう。

PR