子宮の病気が原因かも?!生理後の腹痛は温めて改善する!
1,272views

子宮の病気が原因かも?!生理後の腹痛は温めて改善する!

生理後の腹痛は子宮内膜症や子宮筋腫である可能性があります。この場合、早めに病院に行ってしっかりと検査してもらうことが大切です。症状を改善するためには半身浴や湯たんぽを使って体を冷やさないこと、とにかく子宮を温めることが有効です。症状が緩和しても病院での定期的な検査を怠らないようにしましょう。

生理後の腹痛は病気?

生理後の腹痛

生理前や生理中の腹痛は冷えによる血行不良が原因の場合や女性ホルモンの子宮の収縮作用からくる痛みであることが多いようです。しかし、生理後に痛むというのは一般的ではありません。もっとも可能性があるのは子宮内膜症か子宮筋腫です。どちらも20代の女性でも発症することがあります。そのため、若いからといって安心できない病気です。また、30代以降は子宮内膜症も子宮筋腫も発生頻度が急激に増えていきます。生理後に腹部に違和感を感じたり、痛みを感じたら早めに婦人科に行きましょう。

子宮内膜症とは

子宮内膜症は生理のときにできる内膜が子宮以外の場所にできる病気です。原因は明らかになっていませんが、その症状は多様です。とくに生理痛がひどくなること、腸を圧迫するような感覚が排便中にあることが特徴です。また、子宮内膜症は生理前後以外にも腹痛や頭痛などの身体症状が強く出るのが特徴です。症状を緩和するためにピルを服用したり、妊娠出産で内膜の形成を一時的に休ませることも有効です。

子宮筋腫とは

子宮筋腫は子宮のなかに筋腫と呼ばれる細胞組織の塊ができるものです。大きくなると握りこぶし大ほどに成長します。あまり大きくなると手術で取り除きますが、それほど大きくない場合や数が少ない場合にはそのままにすることもあります。子宮筋腫があっても日常生活を送る上に問題はありませんし、また妊娠も普通にできると言われています。しかし、子宮筋腫があることで生理痛が強くなることがあるため、生理時期に辛い思いをする場合にはピルや手術をする場合もあります。

子宮の病気の原因

生理後の腹痛は子宮の病気?

子宮は女性にしかない臓器です。そのため、子宮には女性の「我慢」や「悲しみ」が溜る場所という人もいます。普段の生活であまり我慢をしたり、悲しみを押し殺していると子宮の病気になりやすいと言われています。また、子宮は冷えに弱い場所で、冷えることも子宮内膜症や子宮筋腫、さらには子宮がんの原因になると言われています。子宮を冷やさないためには冷たいものの飲食をほどほどにすること、夏でも腹部を冷やさないことが大切です。とくに20代後半を超えると生足を出すことで下半身が強く冷えることがあります。

冷え対策に効果的な半身浴

お風呂にお酒やお酢を入れて

仕事などの関係でスカートを着用したり、ヒールをはく場合には夜に1時間以上の半身浴を行って一日の冷えや疲労を十分に取り除きましょう。このとき、お風呂に天然塩を入れたり、重曹を入れることでより筋肉がリラックスする効果があります。より温まる効果を得たい場合には日本酒や酒粕を入れることもおすすめです。また、嫌な人にあったり、不快なことがあった日にはお酢をいれて入ってみましょう。嫌な気分を吹き飛ばしてくれるでしょう。

寝付きが悪いときは湯たんぽ

布団では湯たんぽで温まる

体が冷えていると寝付きが悪くなります。その結果、十分な睡眠が取れないと子宮内膜症や子宮筋腫の症状を悪化させる可能性があります。睡眠の質を良くするために寝る前に腰や腹部、足元を湯たんぽで温めることが効果的です。まず腰、つぎに腹部を温めて寝る直前に足元に湯たんぽを置くことで朝まで温かく眠ることができるでしょう。普段から体を温めることで子宮内膜症や子宮筋腫を防ぐことができます。もし子宮内膜症や子宮筋腫になったとしても半身浴や湯たんぽでしっかりと温めることで症状が軽くなるとことがわかっています。もちろん、温めるだけで病気が治ることはほとんどないので、症状が軽くなっても定期的に婦人科に行って経過をみることを怠らないようにしましょう。

PR