【衝撃】生理中の排卵によって生理中のセックスでも妊娠することがある!
4,396views

【衝撃】生理中の排卵によって生理中のセックスでも妊娠することがある!

信じられないかもしれませんが、生理中の排卵って十分にあり得ることなんです。生理中は妊娠しないと安心してセックスしていた方は要注意です!生理中のセックスでも妊娠することは十分にあり得るんです!いったいどうして生理中に排卵が起きてしまうのでしょうか?

生理中の排卵が原因で妊娠してしまう・・

排卵が起きてから生理が来るのが通常ですが、生理中にも排卵してしまうということがあり得ます。

排卵が生理中に起こることによって、生理中でも妊娠する可能性は十分にあり、生理中のセックスは必ずしも安全というわけではないことが分かります。いったい何が原因で生理中に排卵が起きるのでしょうか。

セックスをすることによって排卵してしまうんです・・

排卵日でなくてもセックスで排卵してしまうことがある

女性の体のリズムというのはとても不安定です。そもそも女性の体のリズムは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンの分泌のバランスで調整されています。

この体のリズムは、ちょっとした生活リズムの変化や、風邪薬などの薬を飲むことでも簡単に変化してしまうとても不安定なものです。

そのため、セックスの刺激でも体のリズムが変わってしまうことが稀にあります。この刺激によって、排卵が生理中でも起こってしまうのです。

女性側の生理周期が不安定な場合は要注意!

もともと生理周期が不安定な人は要注意

年齢の比較的若い女性には生理周期が不安定な人が多くいます。生理と生理の間の期間が短くなってしまうときもあります。

そうすると、生理の終わりにセックスをしたとして、精子が一週間ほど生きたとすると、次の生理の排卵がもう始まっていることもあるので十分に妊娠の可能性があります。

排卵出血を生理だと勘違いしてセックスしないように!

生理と排卵出血を勘違いしてセックスをしてしまったときに妊娠するなんてことも多いです。排卵出血というのは、その名の通り排卵日の前後に出血が起こることです。

これは、排卵の際に卵巣が破けることや、ホルモンの乱れによって子宮の内膜が早めにはがれてしまうということで引き起こされます。

これを生理と勘違いしてセックスをしてしまうと、実際は子宮の中に卵子がある状態なので妊娠することがあります。

そもそも生理中にはセックスは絶対にしてはいけない!

生理中のセックスは控えよう

生理中のセックスは絶対にしてはいけない危険な行為です。女性の体にも男性の体にもリスクが伴います。一体どのようなリスクが伴うのでしょうか?

生理中のセックスは感染症になるリスクがとても高い!

生理中は子宮の中で出血が起きている状態です。生理中のセックスをする際は、コンドームをせずに行っている場合が多いと思いますが、女性の血が直接男性の性器の粘膜に触れるため、感染症にかかりやすくなります。

女性側も同じで、男性側の病気をもらう可能性もあります。お互いに病気になってしまうリスクが高まります。

コンドームをつけて行っても、感染するリスクは生理中にセックス行わない場合に比べてとても高くなるのでやめましょう。

生理中の女性の体はとてもデリケート

生理中になるとセックスをしたいと思う女性が増えます。しかし、感情に身を任せてセックスをしてしまうと、自分の体を傷つけてしまうことに繋がります。

生理中の子宮の中はとにかくデリケートです。内膜がはがれおちているので、通常よりも子宮の中が傷つきやすくなっています。

そんなときにセックスをしてしまうと子宮に大きな負担がかかり、子宮内膜症になってしまったり、不妊の原因にもなったりします。

自分の身を守るためにも生理中のセックスはしないようにしましょう。

PR