冷えは生理痛の原因となる女性ホルモンや自律神経を乱す!対処法はある?
94views

冷えは生理痛の原因となる女性ホルモンや自律神経を乱す!対処法はある?

生理痛の原因となる女性ホルモンや自律神経を乱れは冷えによるものです。体温が全体的に低い場合には腰を温めること、上半身と下半身の温度差が多きい場合には半身浴で下半身を温めることが効果的です。また、精製された砂糖の摂取はお腹を強く冷やす作用があるので避けましょう。

生理痛の原因は冷え?

冷えが原因の生理痛

最近では生理痛に悩まされる女性が増えているといいます。
その原因は食事や運動などの生活習慣によるところかが大きいと言われてきましたが、近年生理痛の原因が体の冷えにあることがわかってきました。体が冷えるというと、一般的には体温が低下していることを意味しますが、生理痛の原因になる冷えは絶対的な温度よりも体の上半身と下半身の温度差にあります。

健康な女性の場合、上半身は36.5度、下半身は32度と言われています。しかし、生理痛がひどい人の場合にはこの上半身と下半身の温度差が大きくなると言われています。もちろん、体温が36度を下回る場合にも生理痛がひどくなる傾向にあります。

冷えは女性ホルモンを乱す?

体温が36度以下の女性は低体温

体温が36度以下の女性は低体温です。とくに高温期に36度にならないほどの低体温である場合には注意が必要です。
このような体温の低い女性は生理痛がひどかったり、妊娠しにくかったりします。その原因として女性ホルモンの不足や乱れが要因と考えられていますが、実は女性ホルモンの生成が不十分であったり、乱れたりするのは冷えによって脳の視床下部という女性ホルモンを分泌する部分の機能が低下していることが原因の1つといわれています。

このような全体的に体温が低い人の場合にはまずは腰を十分に温めることが大切です。そのためにはカイロや湯たんぽの使用が効果的です。腰からお尻の付け根をまでの部分を十分に温めることが有効です。この腰から仙骨の間には腎臓や子宮など排泄や生殖に関わる器官が数多く存在します。
よく生理痛は子宮を温めると良いと言いますが、子宮はお腹から温めるよりも腰から温める方が距離が近く、効果的に温めることができるのです。

温度差は自律神経失調症を招く?

低体温の女性の冷えのぼせ

低体温ではないのに、生理痛や生理前の不調があるという場合には先に説明した通り、上半身と下半身の温度差が大きくなっている可能性があります。
このような温度差はひえのぼせと言って、下半身が冷え上半身が熱くなっている状態です。いわゆる頭寒足熱の反対の状態になっているということです。下半身が冷え上半身が熱くなっている状態が続くと自律神経が大きく乱れ、様々な体調不良の原因になります。

体の温度差が大きい人の特徴として入浴時のお湯の温度が42度以上で長く入ると気分が悪くなるということがあります。改善するためには38度以下の温度で半身浴を行うことが有効です。1日30分程度の半身浴を行うことで上半身と下半身の温度差が改善され自律神経が整うことで生理痛も緩和します。

冷えを悪化させるのは砂糖!

砂糖を控えてはちみつやメープルシロップで代用を

近年、精製された砂糖の害が強く言われるようになってきました。この砂糖には様々な害がありますが、なかでも女性にとってもっとも良くないのは砂糖が体を冷やすことです。
砂糖は食べることでお腹が冷えます。このため、生理前後に砂糖を摂取すると生理痛が起こりやすくなると言われています。砂糖はお菓子だけでなく、様々な食品に含まれているので完全に排除するのは難しいことですが、出来るだけ砂糖の入っていないものを選ぶことが大切です。

砂糖の代用として生ハチミツやメープルシロップを利用しましょう。砂糖の代わりの甘味料として避けたほうが良いのは人工甘味料です。人工甘味料も高い純度で精製されているためカロリーは少なくとも体を冷やす作用があります。

一時期は人工甘味料を使用したダイエット飲料やビール、お菓子などが多くありましたが、最近の研究で人工甘味料の摂取で肥満になったり、体調不良になるなどの指摘がされています。そのため、多くの企業では新しい商品に人工甘味料を使わないようになってきています。

PR