生理前の肌荒れ対策は食べ物で傾向をつかむ!予防は可能!!
166views

生理前の肌荒れ対策は食べ物で傾向をつかむ!予防は可能!!

生理前の肌荒れ対策には食べる物がとても大切です。生理前に無性にチョコレートやジャンクフード、さらに炭水化物が食べたくなるという人はその食べ物が肌を荒れさせている原因だと知りましょう。これらを食べたい欲求が出てしまうのは普段の食事内容や生活に問題があることが多いようです。

生理前の肌荒れ対策のポイント

生理前の肌荒れ

生理前になると必ず肌が荒れてしまうという女性は少なくありません。
生理前の肌荒れ原因はホルモンバランスが変化する際に体に十分な栄養やエネルギーがないために起こると考えられています。また、女性ホルモンのバランスは体の冷えや自律神経とも深く関わっています。
日頃から体が冷えているという人は、とくに下半身を中心によく温めることで生理前の肌荒れを予防することが期待できます。
今回は生理前の肌荒れ対策を食べ物について良いこと【OK】と悪いこと【NG】を紹介します。

【食ベ物編】良質なオイルの含まれた食べ物が◎!

卵【OK】

生理前の肌荒れ対策によい卵

生理前の肌荒れが気になる人は排卵日が過ぎたら卵をたくさん食べましょう。
卵は良質なタンパク質とコレステロールが含まれているため、生理前に不足しがちな栄養を補うのに最も適した食べ物です。理想は一日3個以上食べることです。
以前は卵は一日1個までが理想とされてきましたが、最近になって厚生労働省から一日の卵の摂取量はコレステロール値に変動を与えないことが正式に発表されました。
そして、現在では健康のためには多めに卵を摂取することが勧められています。

チョコレート【NG】

生理前の肌荒れ対策にだめなチョコレート

生理前に食べたくなるものの代表とも言えるチョコレート。しかし、チョコレートを食べると確実に肌の状態は悪化します。
原因はチョコレートに含まれる油分と砂糖です。とくに質の悪い油分が含まれている場合には注意が必要です。もしもどうしても食べたい場合にはカカオの割合が高いチョコレートを少しだけ食べるようにしましょう。
少しの量では我慢できない人は鉄分不足になっている可能性があります。鉄分補給には動物性の鉄分(ヘム鉄)が吸収がよくて推奨されていることが多いですが、生理前にヘム鉄を摂取すると生理での出血が増えてしまったり、生理痛の原因になることがあります。
そのため、生理前の鉄分補給にはほうれん草やゴマなどの植物性の食べ物から鉄分を補うようにしましょう。

ジャンクフード【NG】

生理前の肌荒れ対策に悪いジャンクフード

普段は食べたくないのに、生理前になるとやたらとジャンクフードが食べたくなるという人がいます。しかし、ジャンクフードは質の悪い油と炭水化物という、肌荒れを引き起こす最悪の組み合わせです。
そのため、ジャンクフードは絶対に食べていはいけません。生理前にジャンクフードが食べたくなる人は良質な脂質が不足していること、体が冷えていることが原因かも知れません。
オリーブオイルなどのオメガ3の多く含まれたオイルを多めに摂取すること、そして半身浴などで腹部や腰などを温めて体を冷やさないように心がけましょう。

サーモン【OK】

生理前の肌荒れ対策によいサーモン

生理前に油っこいものが食べたくなったときに、是非食べたいのはサーモンです。サーモンはお寿司のネタとして若い人を中心にとくに人気がありますが、それ意外で食べる機会は少ないかも知れません。サーモンはとても脂質が多い魚ですが、質のよい油であるため幅広い年代に積極的に食べて欲しい食材の1つです。お寿司だけでなく、自宅でサーモンの刺身、カルパッチョなどを食べると良いでしょう。

豆乳【△】

豆乳は適量で生理前の肌荒れ対策になる

生理前に女性ホルモンを整えるという目的で豆乳を飲む人がいます。
しかし豆乳はすべての女性にとって必要であるとは限らないようです。豆乳を飲むことで生理の出血が増えたり、生理痛が酷くなるというケースもあります。
一度や二度試して合わないと感じたら、生理前に豆乳を飲むことを控えた方が良いかも知れません。

ご飯、パン【△】

ご飯やパンは適量で生理前の肌荒れ対策になる

普段、糖質を制限している人もそうでない人も生理前になると「炭水化物が食べたくなる」という衝動にかられる人は少なくないようです。
炭水化物は栄養の1つとして重要なものですが、生理前に多く食べると肌荒れの原因になります。そのため、出来るだけ精製されたものはさけ、少量の玄米や全粒粉のパンをよく噛んで食べるようにしましょう。
生理前に炭水化物が食べたくなるという人はミネラル不足である可能性があります。青汁や天然塩などを普段から意識して摂取することで炭水化物への欲求を減らすことが可能です。

PR