【男性も必見】生理中の性交渉って危険って知ってた!?
689views

【男性も必見】生理中の性交渉って危険って知ってた!?

生理中の性交渉をしたことのある女性の方はとても多いと思います。なかなか恋人と会えないカップルは生理中でもしてしまうことが多いのではないでしょうか?しかし、生理中の性交渉は実はとっても体に負担をかけるダメなことなんです。生理中いったい何が起きているのかまとめてみました。

生理中の性交渉は危険なコトだと知っていますか?

生理中の性交渉は危険なコトだと知っていますか?生理中についつい恋人と性交渉をしてしまうという女性の方は多いと思います。大好きな恋人からの誘いはなかなか断りづらいですよね。しかし、生理中の性交渉にはさまざまなリスクが伴ったり、体に大きな負担をかけてしまいます。自分の体を守ることができるのは自分だけです。また、負担というのは女性側だけにあるものではありません。男性側にも大きなリスクを伴う場合もあるのです。

生理中に性交渉をしてはいけない理由とは?

生理中は感染症にかかるリスクが高くなる!

生理中は感染症にかかるリスクが高くなる!生理というのは、女性の体の血液が外に出てきている状態のことです。このような状態のときに性交渉をしてしまうと、血液と男性の性器の粘膜部分が触れ合う機会が増え、感染症にかかりやすくなります。生理中だからといって妊娠しないからといってコンドームをつけずに行為を行ってしまうカップルも多いと思いますが、これも感染症に感染するリスクを高めています。また、生理中の性交渉では妊娠しないというのは迷信で、妊娠することもあるので、妊娠を望まない場合にはきちんと避妊をすることが大切です。

女性にも男性にも体に大きな負担がかかる!

生理中の性交渉は女性だけでなく男性の体にも大きな負担を伴わせるものです。すでにご紹介したように、感染症にかかりやすくなってしまうという点があります。万が一妊娠してしまった場合には責任も取らなければいけません。女性の体への負担はもっと深刻です。生理中の子宮の中はとてもデリケートな状態です。何せ内膜がはがれおちているときなので、そこに何かが入ってきて無理やりはがされてしまえば、子宮は傷つきますよね。傷つけられてしまったことによって、子宮内膜症になってしまったり、妊娠しにくい体になってしまうこともあります。絶対に生理中は性交渉しないようにしましょう。

どうしても生理中にしたいときはどうしたらいい??

長距離恋愛でたまにしか恋人と会えない方や、忙しくてなかなか一緒にいる時間が過ごせないという方にとっては、生理中でも恋人と性交渉したいというときがあるのではないでしょうか?そういった方はいったいどうしたら良いのかご紹介します。

避妊と感染症対策はしっかりする!

生理中の性交渉で一番怖いのは感染症にかかってしまうことです。しっかりと、コンドームをつけることによって細菌への感染を防ぐことができます。普段女性のピルで避妊をしているというカップルも生理中に性交渉をする場合にはコンドームを使って行うようにしましょう。

女性の体の調子をしっかり考慮する

いくらしたいからと言って、生理痛が酷い時や、量の多い2日目や3日目に行うのは避けたほうが良いです。また挿入時に痛みを感じた場合にもすぐに止めるようにしましょう。痛みをこらえて性交渉をしてしまうと、重大な子宮の病気に繋がってしまったり、普通の性交渉で感じなくなってしまったりすることがあります。しっかり相手とコミュニケーションを取りながら行うようにしましょう。

手は清潔に!

手は清潔に!男性も女性も性交渉を行う前にはきちんと手を洗っておきましょう。爪の手入れも大切です。特に生理中の膣はデリケートな状態なので爪を立てないように気をつけるようにしましょう。

PR