悩んでいる人も多い!生理前の下腹部痛は一体なにが原因?どうしたら治る?
208views

悩んでいる人も多い!生理前の下腹部痛は一体なにが原因?どうしたら治る?

生理前の下腹部痛に悩んでいる女性の方も多いのではないでしょうか?生理になると生理痛に悩まされることになりますし、痛みを感じる期間が長くなってしまってとても辛いですよね。この辛い下腹部に感じる痛みの原因はいったい何なのでしょうか?どうしたら緩和されるのでしょうか?まとめてみました!

生理前の下腹部痛に悩んでいる方は多い

生理前の下腹部痛

生理前からお腹が痛いのをどうにかしたいという方は多いです。普通は、生理になってから痛みを感じることが多いですが、生理前からお腹に痛みを感じているという方もいるのです。この生理前の痛みが生理を予想する手がかりになったりするなど、良い点はあるかもしれませんが、一か月のうち一週間以上お腹に痛みを感じているというのはとても辛いですし、女性の体に大きな負担になってしまいます。

生理前に下腹部が痛くなってしまう原因とは?

原因の多くがホルモンの影響によるもの

生理前の下腹部痛の原因

生理前の下腹部痛のほとんどの原因は生理中に起こる生理痛と同様にホルモンのバランスの変化によるものです。女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモンがあり、これらの分泌のバランスによって生理が起きたりなど様々な体の変化が現れます。この女性ホルモンの内、黄体ホルモンは、排卵から生理前に分泌されるホルモンです。この黄体ホルモンが良く分泌される黄体期と呼ばれる期間は、体の不調が起こりやすい時期と言われています。自律神経が乱れ、イライラしてしまったり、下腹部などに痛みを感じたりします。これが生理前の下腹部痛に繋がります。

もしかすると病気かも・・?

生理前の下腹部の痛みはホルモンの影響でない場合には何か大きな病気にかかっていることを示してくれるサインととらえることもできます。痛みの時期や強さなど、普段と違う痛みを感じたときには何か病気にかかっているということを視野に入れ、病院で検査を行ったりすることが必要になってきます。生理に関係ないところで、下腹部に痛みを感じる主な病気としては、筋腫や子宮内膜症などがあります。とにかく、異常を感じたらすぐに病院に行くことが大切です。

どうやって痛みを和らげたら良いの!?

体を冷やさない!

生理前の下腹部痛を和らげる方法

女性の体に冷えは禁物です。体が冷えると内臓の機能が落ちます。そのため、子宮や卵巣がうまく働かず、排卵がうまく行われなかったり、自律神経が乱れやすくなります。排卵がうまく行われなければ、不妊症に繋がるリスクは高まってしまいますし、自律神経が乱れやすくなると、生理前に現れる様々な心身の症状が重くなります。普段から意識して体を冷やさないように心がけることが大切です。特に夏は暑いからと言って冷房を強めにつけてしまったりしがちです。夏は暑いから体が冷えないと思ったら大間違いで、強めにつけた冷房によって体はどんどん冷やされてしまっています。出かけるときには一枚羽織る物を、家の中にいるときには温度に気をつけたり、靴下をはくなどして体を冷やさないようにしましょう。

自分の力ではどうにもならなくなったら

生理前の下腹部痛がひどい時には病院へ

生活リズムを整えたり、不健康な生活習慣を辞めてみたりしても回復が見られない場合には、すぐにかかりつけの産婦人科医に相談することをお勧めします。病院に行くと、痛み和らげるための痛みどめなどの薬を処方してくれたり、検査をきちんとして大きな問題が無いか確認してくれたりします。自分では気がつかなかった生活習慣の改善方法をアドバイスしてくれたりもします。行って損はないので変だなと思ったら医師に相談するようにしましょう。

PR