皆さん気を付けている?生理中の食事によって痛みや辛さは変わるんです
102views

皆さん気を付けている?生理中の食事によって痛みや辛さは変わるんです

いつも大変は生理中。皆さん生理中の食事には気を配っていますか?生理中の痛みや辛さが緩和させる、あるいは助長させる食べ物があります。こういった食事に気を配るだけでも、ブルーな一日が改善されることはあるんです。積極的に取り入れたい食事やあるいは、控えた方が良い食べ物についてについてまとめました。

女性にとって、切っても切り離せない生理の話。

毎月くる生理について詳しくしっておこう

1か月に1度の生理は、妊娠が成立しなかった場合に、妊娠に備えて赤ちゃんのベッドの役割として出来た子宮内膜を子宮の外に経血として出すことです。その際に、発生するプロスタクランジンE2が子宮収縮で子宮外に子宮内膜を押し出す際に、痛みを発生させます。生理中は、経血として体の外に子宮内膜を押し出すため、当然のことながら、生理中は貧血気味になることがあります。こういったことから、子宮収縮を過剰にさせないようにしたり、貧血に備えた食事を積極的にとるように心掛けましょう。

生理中の食事として気をつけたいものとは?

このように、生理中というは、普段と違う体の状態になります。生理痛が酷い人などは、過剰に子宮が収縮されてしまうために、下腹部に痛みが生じたり、頭痛があったりということもあります。ですから、こういった体の不調を食事で補ってあげたいと思いませんか?生理中の食事について、積極的に取り入れたいもの、出来れば控えた方が良いものについて調べていきましょう。

ホルモンバランスを整えるためにも大豆が必要!

生理中の食事では大豆を積極的にとろう

生理中は、ホルモンバランスが崩れてしまいがちです。イライラしたり、お腹が痛くなったりと不調もありますね。これらには、女性ホルモンの影響が関係しています。こういった女性ホルモンのバランスを整えるためには大豆製品を積極的に取り入れていきましょう。豆腐や納豆などの大豆製品は、良質なたんぱく質となりますので、生理中は積極的に取り入れてきましょう。

イワシやサンマなどの青魚も食べよう!

生理中の食事には青魚もよい

生理中の痛みなどを抑制させるためには、EPAなどが含まれているイワシ、サンマなどを食べていきましょう。痛みの直接の原因となる、プロスタクランジンE2を抑制させたり、さらに血液をサラサラにしてくれる効果があります。生理中の良質なたんぱく質として、出来る限り積極的に食べていきましょう。出来れば、焼いた魚ではなく、刺身やあるいは缶詰などで魚の油も一緒に取り入れることが大切です。

美肌も便秘も解消してくれる女性の味方のアーモンド

アーモンドと言うとカロリーが高いというイメージでありますが、数粒ゆっくりと噛んでいくというような食べ方をすれば、カロリーも高くなく、腹持ちも良いというメリットがあります。アーモンドにはγリノレン酸やマグネシウムが含まれており、これが、生理痛緩和や偏頭痛にも効果があり、さらに女性ホルモンにも良い影響を与えてくれます。美肌効果も期待できるアーモンドは、女性にとって強い味方ですね!

鉄分が豊富に含まれている食品も積極的に食べたい!

生理中の食事には貝類など鉄分補給も大事

生理中は、鉄分が含まれている食事も積極的に摂っていきましょう。ひじきやホウレンソウ、あるいは貝類などは摂り入れていきたい食べ物です。朝などに、大豆とひじきの煮物などは鬼に金棒といったところではないでしょうか?

出来れば気をつけておきたい食べ物は?

生理中の食事ではスナック菓子やカップラーメンは控えたい

生理の時には、出来る限り控えた方が良い食べ物もあります。例えば、子宮収縮を助長させてしまうのに油脂があります。カップラーメンやスナック菓子などは、マグネシウムを体内に吸収させるのに、邪魔をしてしまったり、生理痛を助長させてしまいますので、控えておいた方がよいでしょう。また、肉に含まれているアラキドン酸は、子宮収縮を促してしまう効果があると言われていますので、生理中でさらに生理痛が酷い人は控えておいた方が良いですね。

PR