賛否両論!生理中のマッサージ。OK?NG?おすすめは?
19,259views

賛否両論!生理中のマッサージ。OK?NG?おすすめは?

あらためて気にはなってもなかなか聞けないのですが、生理中のマッサージってアリなのでしょうか。ナシなのでしょうか。生理中のマッサージの効能とNGな理由と、鍼灸院、リンパマッサージ、アーユルヴェーダ等の施術別可否をまとめました。

生理中のマッサージの予約、キャンセルがマナー?

生理中はマッサージを受けた方がいい?やめた方がいい?

鍼灸院やマッサージ店、エステなどでマッサージの予約するときや予約日が近づくと気になることがあります。予約した日と生理が重なってしまったらどうしたら良いのでしょうか。
生理中のマッサージは気持ち良さそうに感じますが、体調を悪化させたりしないでしょうか。また、エチケットとしてNGではないでしょうか。
結論からいうと、生理中のマッサージ等は、施術内容や先生の考え方、あなたの体調により積極的に受けた方がよい場合と、キャンセルした方が良い場合にわかれます。
予約してしまっている場合はそのお店に問い合わせるのが一番なのですが、ここでは一般的な考え方についてお伝えします。

生理中のマッサージを受けた方が良いという考え方

生理中は女性ホルモンのはたらきで腰痛や肩こりなどに悩まされることが多いものです。また、むくみやすく、身体の血流も滞りやすくなります。
この不快な症状を改善するために、マッサージを取り入れた方が良いという考え方です。

生理中のマッサージがダメな理由

生理中のマッサージがNGという考え方にも根拠があります。
生理中の腰痛や肩こりなどは女性ホルモンによる靭帯の緩みが原因となっていることがあります。このときに強いマッサージをすると身体を痛めてしまう恐れがあります。
生理中にマッサージをすると血行がよくなります。このために経血量が増加してしまうこともあります。
また、生理中は肌が敏感になりやすく、オイルマッサージなどでは普段大丈夫なオイルでもかぶれてしまう危険性があります。
生理中はどうしても血やニオイが問題になりますから、エチケットとしてダメでしょうという考え方もあります。

じゃあ、どうすればいいの?

まずは問い合わせてみるべきです。生理中のマッサージがOKな場合も、普段のときと生理のときでは内容が変わってくることもあります。
一般論としてはマッサージなどの方法や施術内容別に以下のようになります。セルフでマッサージしたい場合も参考にしてください。

鍼灸ツボ圧し等のツボ刺激

生理中の鍼灸やツボ押しはやめた方がいい?やった方がいい?

男性の先生も多くためらいがちな鍼灸院での治療ですが、中医学では多くの場合、施術は推奨されています。また、ツボ刺激は生理痛などの婦人科系の治療を得意としています。
ツボ圧しはセルフでするときもお勧めです。生理中の不調には是非、関元や三陰交などのツボ刺激も試してみてください。

整体院での整体マッサージ

整体は施術内容によります。生理中は靭帯が緩むため、強い施術は危険なこともあります。しかし、生理中であることを踏まえたうえで施術できる場合もあります。

リンパマッサージ

リンパを流すリンパドナレージュの考え方としては、生理中は避けたほうが良いというのが一般的です。リンパマッサージをすると、過剰に血行が良くなり、出血が増えてしまう恐れがあるからです。また、ダイエット目的のリンパマッサージの場合、生理中だとダイエット効果が薄くなり向きません。
ついやりたくなってしまいますが、セルフでのリンパマッサージも生理1日目2日目くらいは避けたほうが無難です。

エステティックサロン・スパでの施術

生理中のエステやスパやダイエットはやめた方がいい

生理中はエステやスパの施術には向きません。肌が敏感に傾くときですし、ダイエット効果も薄いものです。また、マナーとしてあまりよくないとされていますし、スパなどは生理中の入場を禁じているところも多くあります。
ただし、一部の施設では積極的に受け入れている場合もあります。

ヨガ・インドエステ

ヨガやアーユルヴェーダでのオイルマッサージは生理中に気持ち良さそうな印象がありますが、アーユルヴェーダの考え方としては生理は女性の身体を休めるべき期間であり、マッサージやヨガをするべきではありません。
ただし、一部のポーズは生理中にむしろ推奨されています。ネコのポーズや両脚を壁に上げるポーズなど、生理中に気持ちの良いポーズもありますので是非試してみてください。

PR