生理前の胸の張りはどうして起こるの?張りの痛みを緩和する方法とは
390views

生理前の胸の張りはどうして起こるの?張りの痛みを緩和する方法とは

生理前の胸の張りはバストアップできて嬉しい反面、張りが強すぎて痛みを感じることはありませんか。いつもはピッタリサイズのブラジャーもこの時ばかりは締め付けられて痛い思いをする方もいるかもしれません。この時期は下着もゆったりめのを選ぶと楽に過ごすことが出来ます。食生活もあっさりめの和食にしましょう。

生理前の胸の張りは私だけじゃない!

生理前の胸の張りはホルモンの仕業!

生理前は胸が張る

毎月訪れる生理ですが、生理前に必ずと言っていいほど、胸が張って痛い!と思っている方もいるのではないでしょうか。いつもよりも胸が大きくなってちょっと嬉しいなと思うけれど、張りが強いと胸が痛くなります。ブラが背中に食い込んだり、胸が締め付けられて痛いと感じることはありませんか。生理が始まる頃になるとこの痛みは自然に消えますが、一体この痛みの正体はなんなのでしょうか。痛みの正体は、黄体ホルモンの仕業です。だいたい生理が来る三日から一週間ぐらい前から、生理前のイライラ感などと一緒に胸の痛みや張りなどの症状がでてきます。人によっては、この時期、便秘になったり、食欲が出てきていつも何か口に入れていないと精神的に落ち着かなくなってくることもあります。

生理前の胸の張りの正体は乳腺の変化でした

生理前は黄体ホルモンの分泌量が増すときであるため、その影響で胸の張りがおこります。実はこのホルモンは、乳腺組織を活発化させる働きがあるのです。乳腺にある血管がすべて拡張していくため、胸全体が張り痛みを伴うのです。また二つの乳房に同時に起こります。不思議なことに無排卵症の方には胸の張りはなく、逆に胸が痛くなるのは、きちんと排卵がある健康な女性ということになります。

痛みはいつ終わるの?

生理前の胸の張りや痛みは、生理が始まると同時に痛みが終わります。

不思議!月経周期で胸の柔らかさが変わるだなんて

胸の柔らかさは不思議なことに月経周期によって変わります。生理前には胸が張り固く鳴るのに対し、生理が終わってから一週間経過した頃は、フワフワの柔らかい胸になります。

ブラも体調に合わせて何種類か用意しておこう

胸が張った時のブラも用意しよう

生理前の胸の張りや痛み対策として、ソフトなブラを選びましょう。柔らかい生地で出来たスポーツブラや就寝時用のブラ、タンクトップとブラカップが一体化したものを選ぶと楽に過ごせます。反対に胸がフワフワになる時期は、サポート力の高いワイヤー入りのブラがおすすめです。

胸の痛み対策は、油ものを避けること!

生理前の胸の痛みは黄体ホルモンが活発化され、乳腺への血流が増すときでもあります。そのためこの時期、脂っこいフライドチキンやフライドポテト、ハンバーガーなどを食べ過ぎると、栄養過多となり乳腺の働きがさらに活発化されます。生理前は、あっさりとした和食をいただくようにしましょう。

生理前はコーヒーは飲まない

生理前はカフェインを控えよう

いつも飲んでいるコーヒーや紅茶、それが原因で胸が張ったり、痛みが伴うこともあります。生理前にカフェインの含まれているコーヒーや紅茶などを取り過ぎると、血管が拡張しやすくなります。乳腺の血管も拡張されやすくなるため、生理前には取り過ぎないようにしましょう。

胸が痛いときは、マッサージで緩和

胸が張って痛すぎる!という時は、胸をやさしくマッサージしてみてください。乳腺に集まった血流がうまく流れていき、胸の張りやこりを取ることができます。

胸の張りが強すぎると感じる場合には産婦人科へ

いつも違う胸の張りを感じたら病院へ

いつもよりも胸が張り痛みもあるという場合には、乳腺症になっている可能性があります。乳腺外科で調べてもらいましょう。

PR