生理前の頻尿はなぜ起こるの?生理前の頻尿の原因と対処法
199views

生理前の頻尿はなぜ起こるの?生理前の頻尿の原因と対処法

生理前の頻尿に悩まされているという方いらっしゃいますか?まずは、生理前の頻尿はなぜ起こるのかという原因を勉強しましょう。そして、生理前の頻尿の対処法について、ツボ押し・運動・食べ物で改善する方法をご紹介します。

生理前の頻尿をどうにかしたい!

生理前の頻尿をどうにかしたい!生理前の頻尿に悩まされているという方、頻尿の症状をどうにかしたいと思いませんか?生理前に頻尿になるのはどのような原因があるのでしょうか?まずはその原因からみていきましょう。

生理前の頻尿の原因は?

生理前の頻尿の原因は?生理前に頻尿が起こるのは、2つの原因があります。1つめは、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの影響があるから、もう1つは自律神経の乱れからくる精神的な不安によるものです。

女性ホルモンの1つである黄体ホルモンには利尿作用があります。よって、生理前になると頻尿になってしまいます。また、生理前になると黄体ホルモンが過剰になるため、自律神経の乱れが引き起こされます。自律神経が乱れることによって、体が冷えやすくなってしまいます。体が冷えると、腎臓の機能も鈍くなり頻尿の症状が現れます。そして、先ほどトイレにいったばかりなのに、また行きたくなってしまうというような精神的な不安も出てきてしまいます。

生理前の頻尿の対処法を知りたい!

【生理前の頻尿をツボ押しで改善】
生理前の頻尿をツボ押しで改善する方法があります。頻尿を緩和するツボを2つご紹介しましょう。まず、チュウギョクというツボは、おへそから下に4寸のところにあります。ジンユのツボは、左右の助骨を結んだ場所にあります。人差し指を左右の助骨にあてて、親指で背骨の中心をみつけ、左右に1寸5分の場所です。これらのツボを親指のハラでじんわりと押して、頻尿を改善しましょう。

【生理前の頻尿を運動で改善】
生理前に頻尿の症状がでる場合、尿漏れや尿失禁をする方も多くいらっしゃいます。尿漏れなどの対策として、骨盤底筋を鍛える方法があります。骨盤底筋を鍛えて、尿漏れを起こさないようにしましょう。
骨盤底筋を鍛えるときは、肛門を引き締めるように意識をして、それと同時に膣と尿道も締めるようにします。その後緩めて、締めてを繰り返します。毎日1分間この運動をすることで、骨盤底筋が引き締まります。

【生理前の頻尿を食べ物で改善】
生理前の頻尿で悩まされる方は、なるべく消化の良い食べ物をとるようにし、腹部を温めて冷えを起こさないようにすることが大切です。胃腸をあたためる食べ物として、レンコンやごぼうなどの根菜類のスープがあります。夏の季節でも、ビールや炭酸水などの冷たい飲み物を飲まず、温かいお茶や紅茶などを飲んで、体を冷えから守るようにしましょう。

生理前の頻尿は月経前症候群の1つ

月経前症候群で悩んでいる方は、一度医師に相談を生理前の頻尿は、月経前症候群の1つの症状です。月経前症候群はPMSとも呼ばれており、月経前にあらわれて、生理が始まるとそれらの症状が消えていきます。月経前症候群は、頻尿以外にも腹痛や頭痛、腰痛や吐き気などがあり、ホルモンの増加やストレスが原因であると言われています。

月経前症候群は、毎月同じような症状があるとは限らず、先月は生理前に頻尿を感じたのに、今月は頭痛や腹痛があるといったように、毎月変化があるケースもあります。また、その月によって症状の度合いも変化します。月経前症候群がひどい場合は、婦人科などで薬を処方してもらうこともできます。ホルモン療法や向精神薬など様々な薬があるので、月経前症候群で悩んでいる方は、一度医師に相談をしてみると良いでしょう。

PR