辛い生理痛を食べ物で緩和させたい!生理痛改善の食べ物とは?
125views

辛い生理痛を食べ物で緩和させたい!生理痛改善の食べ物とは?

毎月来る生理痛。なんとか改善させたいと思いませんか?今回は食事から痛くて辛い生理痛を何とか緩和させてくれる食べ物についてまとめました。少しの心掛けだけでも、痛みは改善されるはず。痛みを緩和させるのをお薬だけに頼るのではなく、食べ物から始めませんか?生理痛改善の食べ物をご紹介します。

辛い生理痛・・・どうして痛みが起こるの?

生理痛の原因はプロスタグランジンE2

月に一度、子宮内膜という赤ちゃんが出来たときにベッドの役割となるものが子宮から剥がれて子宮口から出てくることが生理です。妊娠が成立しない場合、この生理があるわけですが、そのときに下腹部が痛かったり、頭痛があったり、腰痛があったり・・・・と体に不調がある人も多いはず。この痛みの原因は、一体どういう理由からなのでしょうか?

辛い生理痛は「プロスタグランジンE2」が原因です!

生理の時の痛みを発生させる原因は、主に「プロスタグランジンE2」にあります。この「プロスタグランジンE2」は、子宮内膜を子宮から外に出すために子宮を収縮させる役割があります。ただし、これは痛みを発生させるため、それゆえに生理痛となってしまうのです。生理痛が辛い、普通の人よりも痛みが酷い、という場合には、この「プロスタグランジンE2」が生理の時に過剰に発生してしまうことによるものです。さらに、子宮口から押し出されて経血が出ていくのですが、その出口となる子宮口が狭いということも原因となります。ただし、後者の場合は、出産を経験することにより、子宮口が広くなっていくために、出産後に改善されることが多いのです。

生理痛の痛みを改善させる食べ物とは?

生理の時に痛みを生じさせるものが「プロスタグランジンE2」であり、その過剰分泌によるものであるのであれば、その「プロスタグランジンE2」を通常のように分泌させることが大切になります。この「プロスタグランジンE2」を抑制させる食べ物とは一体何でしょうか?生理痛改善の食べ物には、「プロスタグランジンE2」の関係がありますね。

女性は積極的に食べていきたいアーモンド

生理痛予防にアーモンド

アーモンドなどのナッツ類には、γリノレン酸が含まれています。これは、子宮収縮を過剰にさせないようにするプロスタグランジンE3や、生理痛やPMSのようないわゆる生理痛の不快を緩和させるプロスタグランジンE1の分泌を多くさせる作用があります。γリノレン酸は、もともと多くの食品に含まれている成分ではありません。さらに、アーモンドは、ナッツ類の中でも、マグネシウムやビタミンやミネラルを多く含んでおり、腸内改善もみられます。さらにアーモンド自体にホルモンバランスを整える作用もあり、更に美肌効果も期待されます。ですから、積極的に摂っていきたい食べ物ですね。

イワシやサンマなどの青魚を食べよう!

生理痛予防に青魚

イワシやサンマなどに含まれているEPAという成分は、プロスタグランジンE3を多く発生してくれます。さらに、この青魚には、ビタミンBも含まれており、このビタミンBも女性ホルモンには重要な栄養素です。さらに、血液をサラサラにしてくれる成分も含まれており、生理中の滞った血液を体内に循環させてくれるので生理中は、積極的に取り入れたい食べ物です。

逆に何に気をつけるべき?

生理中は生理痛予防にお肉は控えたい

生理中は特に、子宮収縮を助長させるような食べ物は良くありません。特に、お肉はプロスタグランジンE2を分泌させてしまうアラキドン酸が含まれているそうです。お肉の赤身自体は鉄分が含まれていたり、ビタミンBが含まれているのですが、生理中のタンパク質源は、出来れば、お魚や大豆のようなものを取り入れるようにしましょう。

PR