生理周期の平均ってどのくらい?正常な生理周期になるためのコツ
239views

生理周期の平均ってどのくらい?正常な生理周期になるためのコツ

生理周期の平均は成人女性で25~38日といわれています。ですがあらゆる原因によってなかなか規則的に生理が来ない方も。ここでは、生理周期の平均を正常にするためのコツや周期が乱れる原因などについて解説します。

生理周期の平均

正常な生理周期ってどれくらい?

まず生理周期とは、生理が始まった日から次の生理が始まる前の日までの日数のことを言います。毎回ぴったり同じ日数になることより、数日のずれがある方が多いでしょう。
理想的な生理周期は25~38日といわれています。1日でも1回でも少なかったり多かったりするとよくないと過敏になる必要はなく、数日のずれ程度の周期で繰り返されていれば健康的といえます。

生理周期が短い原因

生理周期が24日以下と短いことを「頻発月経」といいますが、原因として考えられることは卵巣の働きが落ちている、過度のストレスによるホルモン分泌の乱れです。
黄体ホルモンの分泌が乱れていると黄体機能不全となり、子宮内膜が十分発達しないため妊娠しにくい状態に。妊娠することができても継続できず流産する可能性も高くなります。

生理周期が長い原因

39日以上の生理周期が続く場合を「稀発月経」といいます。これは卵巣が十分に働かないためホルモン分泌がうまくいかない状態です。妊娠・出産はできますが、中には無排卵月経になっている可能性もあるため、稀発月経が長く続くときは受診してホルモン分泌の状態などを調べてもらいましょう。

理想的な生理周期を保つには?

無理なダイエットをしない

生理周期を保つには無理なダイエットはNG

栄養をバランスよくとる食事をし、適切な運動を行うダイエットであれば健康的な体へと変わっていくために役立ちます。しかし、すでに痩せている方にとってダイエットは不要であり、やせすぎは生理周期を乱す結果を招くことになりかねません。
また、ダイエットの必要がある方も栄養がきちんととれず食べないダイエットをするとホルモンバランスを乱しやすくなります。

ストレス発散する

過度なストレスは体内のあらゆる部分にも影響を及ぼすため、ホルモン分泌を正常にし生理周期も理想的なものにするにはストレス解消が必要です。ご自分でストレス発散方法を見つけている方はその方法を楽しめる時間をとる工夫を。もし、何をしたらよいか困ってしまう方は、笑顔になれることやものを探してみましょう。ちょっと家の周りを散歩するだけでもリフレッシュになります。

よく睡眠をとる

生理周期を乱さないためには十分な睡眠が必要

睡眠不足は疲れが取れず、それが原因でストレスがたまりひどい場合にはうつになってしまうことも。体の疲れがとれれば、前向きに動く気力がわいてくるのでストレスも元気な時の方が感じにくくなります。
よく眠れないときには、寝る前にテレビやスマホを見ない、ヨガなどで瞑想をする、深呼吸でゆったりするなど積極的にリラックス方法を試してみましょう。

我慢しすぎない

仕事をしていると、つい我慢してしまう場面も少なくないもの。ですが、いつもご自分の気持ちを完全に押し殺して働いていると仕事がすべていやになってしまうこともあります。すると仕事自体がストレスになり、仕事をしている限りホルモン分泌の乱れは治せないということも。それを防ぐためにも、少しずつご自分の気持ちを仕事の中で生かしていきましょう。

体をあたためる

生理周期を保つには身体を冷やさないようにしましょう

体の冷え、特に下半身の冷えは生理周期を乱すきっかけになってしまうため、冷やさないように工夫しましょう。冬場だけでなく、夏場もエアコンがきいた部屋の中では体が冷えてしまいがちです。ひざかけを使ったり厚手のソックスをはいたりして対策をとりましょう。

PR