生理後痛の原因はホルモンバランス?栄養をしっかりとって解消しよう!
274views

生理後痛の原因はホルモンバランス?栄養をしっかりとって解消しよう!

生理が明けたはずなのに、痛みが引かない…。生理後も慢性的に続く痛みのことを生理後痛と呼びます。生理後痛の原因は、ホルモンバランスが崩れていることであり、それはきちんとした栄養補給で改善できます。それでは、その必要な栄養素について解説していきましょう。

生理期間中の栄養価の偏り

生理中のホルモンバランスに食欲が左右される

生理とは、体が一時的に妊娠の準備を始め、結果妊娠しなかった体が不要な卵子などを血液と一緒に排出する現象です。妊娠するとホルモンが多く分泌されるためふっくらしてくるように、生理前にも同じ現象が起こります。

また、生理前には急激に食欲がわいてきたり、逆に生理期間中はあまり食欲がわかなかったりと不安定な期間になりがちです。それによる栄養価の偏りが体へ負担をかけてしまい、ホルモンバランスが崩れます。これが生理後痛の原因になっているのです。
また、鉄分や、ビタミンB6などの栄養素は、収縮して硬くなった子宮を緩めてくれる作用もありますので、栄養バランスは本当に大切なものです。

生理後痛に備えて、生理期間中に摂りたい栄養

生理中に失われる栄養素である鉄分やカルシウムを摂ろう

生理前には不自然に食欲がわき、我慢の限界がきてドカ食いしてしまう人もいます。これから生理が来ることは女性なら勘でもわかり、自律神経の関係で何となく憂鬱になったりイライラが増す時期でもあります。

そんなときには、ストレスを解消するために思い切って食べてしまうと、生理後痛に繋がってしまいます。ながら食いの癖のある人は、お菓子などを食べられない状況を作ることが大切です。両手がふさがれるゲームでもいいですし、映画館に行くなどもおすすめです。敢えてデートに誘ってもらい、暴飲暴食を防ぐのも一つの方法です。

この時期、鉄分とカルシウムが不足しやすい傾向もあります。食事ではなるべく鉄分とカルシウムを摂るようにし、おやつにもホットミルクに少量のはちみつを溶かして飲んだり、おやつ昆布や塩分不使用のナッツを選んでみるのもアイディアです。

生理痛を悪化させる食品

アルコールやチョコレートは生理痛に悪影響を与える食品

生理中は、幸いなことに無闇に起きていた食欲が少しおさまってきますが、逆にあまり食べたくないという人もいることでしょう。しかし、この時期も、基本は栄養バランスのいい食事を摂ることは忘れないでください。生理痛がひどいときには、食べる物に注意すると痛みを緩和できることがあります。

例えば、チョコレートやアルコール、インスタント食品、マーガリン、ショートニングなどは、生理痛に悪影響を与えるといいます。血管や子宮の収縮につながるチラミンという成分が含まれているチョコレート、人工的な油脂分、食品添加物が多量に使用されたインスタント食品などを生理中に摂るのは避けておいたほうがいいでしょう。

生理の痛みを解消するには鉄分がいいと思いつき、チョコレートを主食にするような人もいます。逆効果になってしまうことは必至ですから、食べたくてもひとかけらに止め、鉄分は他の食べ物から摂るようにしてください。

生理痛の緩和を促す食品

大豆等は生理痛を緩和する食品

生理後には、生理痛を緩和させながら、生理後の栄養バランスを整えてくれる食品を積極的に摂りましょう。

ホルモンバランスを整えてくれる食品として代表的なのは、イソフラボンを多く含む大豆です。大豆イソフラボンは若い女性が過剰に摂取すると婦人病のリスクを高めるなどともいわれますが、心配なのは健康食品で摂った場合です。納豆や大豆、味噌などの昔からある食品からは、積極的に摂って問題ありません。

血流をよくするという意味では、クエン酸を多く含むグレープフルーツ、鉄分の多いプルーンなどがおすすめです。ビタミンB群を豊富に含むカボチャ、豚肉、青魚も効果的です。

PR