生理が早まる原因は、一体何!?生理トラブルを解決しよう!
27,523views

生理が早まる原因は、一体何!?生理トラブルを解決しよう!

生理が早まって不安になったことは、ありませんか?生理が早まる原因は、栄養不足?生活が不規則だから?はたまた病気・・・?など疑問ですよね。生理周期が早まったのには、様々な要因が関連しています。自分の身体のサインに目を向けて、健康な毎日を過ごすようにしましょう。

生理が早まる原因は、一体何!?

身体のサインに気がつこう!

生理周期の乱れは不調のサイン

生理が早まって、不安に感じたことのある方も多いと思います。通常、生理周期は28日を基本にして、21日~35日の間であれば、通常だと考えられています。21日より早く生理が来た場合、なんとなく不安になってしまいますよね。では、なぜ生理が早まってしまったのでしょうか。それには様々な原因が関係しています。

まず1つ目は、胃腸や腎臓が弱ってしまっている場合です。胃腸や腎臓などの機能が弱まってしまっている場合、免疫力が落ちてしまっているので、食欲不振になったり下痢になってしまったりしてしまい、生理周期が乱れてしまうケースも多いそうです。また頭痛、肩こり、めまいなども引き起こすこともあるそうです。

そして2つ目は、不規則な生活が続いている場合です。飲み会で毎日、大量のアルコールを摂取したり、昼夜逆転の生活を送っていたりする場合、ホルモンバランスが乱れて月経周期が乱れます。タバコの吸い過ぎにも注が必要です。

そして3つ目は、ストレスが原因の場合です。仕事で失敗をしてしまったり、大きな仕事の前など精神的に不安定な状態が続くと自律神経が乱れてホルモンバランスが乱れます。うまくリフレッシュしてストレスを発散するようにしましょう。

規則正しい生活をしてホルモンバランスを整えよう!

体調が乱れてると思ったら栄養バランスの良い食事をしましょう

ホルモンバランスが乱れると生理周期が乱れたり、肌が荒れたり便秘になりやすくなったりと様々な悪影響を及ぼします。一番の対策は、やはり規則正しい生活を心掛けることです。規則正しい生活を心掛けると、免疫力がアップしますし、仕事の効率が上がるなどいいことばかりです。

特に食生活は、気を遣うようにしましょう。夏場は特に冷たいものを飲み過ぎたり胃腸が弱りがちなので、野菜類などを積極的に摂取して、バランスの良い食生活を心掛けましょう。オススメなのは、水炊きです。夏場に汗をかきながら食べるお鍋は最高です。ほうれん草や鶏肉、きのこ類など栄養満点の食材をたっぷり入れて美味しく頂きましょう。シメのおじやも最高ですよ。お鍋なら簡単に作れて、バランスよく様々な栄養素を摂取出来るので忙しい方にも嬉しいですね。

豆乳の飲み過ぎでも生理が早まる!?

豆乳の飲み過ぎでも大豆イソフラボン効果で生理が早まるかも

生理周期が早まる原因の1つとして、豆乳の飲み過ぎも考えられるそうです。豆乳には、女性ホルモンに良い影響を与えてくれる大豆イソフラボンが豊富に含まれていますが、摂取しすぎるとホルモンバランスを乱れさせてしまうこともあるそうです。これは意外ですね。豆乳は、適量を摂取することが大切なようですね。

ストレスをうまく解消して健康的なライフスタイルを!

生理周期が早まる原因としては、やはりストレスが大きく関わってきます。ストレスというものは、無意識に感じてしまっているものです。ストレス発散に友達とお酒を飲みに行くのもいいですが、体を動かすなど健康的なストレス解消法も試してみましょう。

いきなり運動することに抵抗がある方は、仕事前に駅まで歩くなどちょっとした運動から始めてみましょう。体を動かすと血流も良くなり、気分も晴れ晴れして最高に気持ちがいいですね。夏場は、汗をかくので水分補給を忘れずに。また無理なダイエットも禁物です。夏場は特に体力を多く使うので、ご飯を抜くなどの危険なダイエットは、熱中症になりやすくなったり、貧血で倒れてしまったり、様々なリスクを高める原因となるので、絶対にやめるようにして下さい。

PR