大切なイベントと重なりそう!でも大丈夫!生理を遅らせる食べ物がある!
38,348views

大切なイベントと重なりそう!でも大丈夫!生理を遅らせる食べ物がある!

生理を遅らせる食べ物はズバリ大豆製品です!なんと大豆製品を大量に食べると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうため、生理を遅らせることができるのです。ただ普段から大豆製品を食べ過ぎると、身体に弊害が出てしまうので、この方法は大切なイベントがある時だけにしておいてくださいね。

生理を遅らせる食べ物がありました!

生理が遅れてほしいと思うのは、こんな時!

生理日を後ろにずらすことができればいいのに!生理が遅れてほしいと思う時は、ありませんか?たとえば、温泉旅行や、キャンプ、海に出かける日、彼氏とのデートなどです。こんなとき、生理日を後ろにずらすことができればいいのにと本気で考えたことはありませんか?

生理日とイベントが重なってしまうと、せっかくのイベントなのに、十分に楽しむことができません。また生理痛などがあると、気分も憂鬱になってしまうのではないでしょうか。

確実に遅らせるにはやはりピルが有効ですが……。

確実に遅らせるにはやはりピルが有効ですが…生理日を確実に遅らせるには、ピルを服用する方法が一番確かな方法です。しかしピルには多少なりとも副作用のリスクもあります。薬を使用しないで生理を遅らせる方法があればいいのにと思うことはありませんか?

生理を遅らせる食べ物がありました!

大豆に含まれるイソフラボンに生理を遅らせる効果が!

大豆にはイソフラボンという成分が含有されています。この成分には女性ホルモンと似たような働きをしてくれます。イソフラボン大量に取ると、女性ホルモンのバランスが崩れます。つまり女性ホルモンのバランスが崩れることによって生理を遅れさすことができるのです。

こんな経験はありませんか?

仕事のストレスでホルモンバランスが崩れる

仕事が忙しかったり、ストレスが溜まっていたり、ダイエットをしすぎると、予定日に生理が来ないという経験をしたことはありませんか?女性の身体はとても繊細にできています。女性ホルモンのバランスはとてもデリケートなもので、すぐに崩れやすくなります。

この原理を逆に利用すれば生理を遅らせることができるのです。大豆製品の大量摂取によって一時的にこの女性ホルモンのバランスを崩れさせれば、よいのです。

この技は本当に必要な時だけ使用しましょう。

女性ホルモンのバランスを崩れさすこの方法は、本当に必要なイベントがあるときのみに使用しましょう。何度もこの方法を使用すると、女性ホルモンがうまく分泌されなくなってしまい、身体に様々な不調が出てしまう恐れもあるからです。

大豆製品はどのくらい取ればいいの?

生理を遅らせるために、大豆製品はどのくらい取ればよいのでしょうか。
その答えは、

豆乳なら1パックから2パック、
豆腐は一丁、
納豆なら2パック

ぐらいが目安です。

大豆製品の摂取はいつからスタートすればいいの?

生理が始まる2週間ぐらい前が排卵日に当たります。排卵日よりさらに一週間前から、女性ホルモンのバランスを崩させれば、生理を遅らせることに成功します。

つまり計算すると生理予定日の3週間前から大豆製品の摂取をスタートさせる必要があります。大豆に含まれるイソフラボンに生理を遅らせる効果が!

イベントがすんだら、大豆製品の摂取は通常通りへ

生理を遅らせることに無事成功し、イベントを思う存分に楽しんだ後は、しばらくの間は大豆製品の摂取は控えるか、通常通りの摂取量に押さえていきましょう。

この方法のデメリットとは

豆乳や大豆製品を適量摂取することは、女性ホルモンを活発させてくれるため、美肌効果やバストアップ効果などがあります。

しかし過剰に摂取しすぎると、子宮がんや乳がんになってしまう可能性が高まるため、イベントがあるごとに毎回行っていては、身体に悪影響があるので、注意する必要があります。

PR