生理中の眠気をなんとかしたい!眠気の原因と対策について
712views

生理中の眠気をなんとかしたい!眠気の原因と対策について

女性にとって悩みの種となるのが生理中の眠気です。生理中はとにかく眠くて、立ったままでも眠れると感じたことがある人も多いのではないでしょうか。このような生理中の強烈な眠気の原因とは?また、生理中の眠気対策に効果的な方法とは?

生理中の眠気の原因

生理中はとにかく眠い

生理中はとにかく眠い生理中特有の症状には様々なものがありますが、眠気もそのうちの1つです。生理中はとにかく眠気に襲われることが多く、会社で仕事中に寝てしまった、学校で授業中に寝てしまったという経験がある人も少なくないはずです。

生理中の眠気は、夜更かしや疲れなどに関係なく襲ってきます。夜もしっかりと眠っているはずなのに、なぜ昼間に眠くなってしまうのでしょうか?生理中の眠気の原因について見ていきましょう。

眠くなる原因

生理中の眠気の原因には、黄体ホルモンが関係しています。黄体ホルモンは生理前に多く分泌され、生理中に分泌量が減少します。生理前に分泌された黄体ホルモンが体内で分解されると、眠気を引き起こす成分が作られると言われています。この成分には睡眠薬と同じ効果があるため、生理中に眠くなるのは当たり前の現象なのです。

生理中に眠くなるのは当たり前の現象生理中の眠気は、体温が関係しています。基礎体温を測っている人はご存じかと思いますが、生理中は体温が低温期に入ります。体温が低いと眠くなりやすいため、生理中は常に眠気を感じてしまうんだとか。また、生理中は精神状態が不安定になりがちです。イライラや急に悲しくなったりと感情の起伏によって体がストレスを感じてしまいます。このストレスが夜の睡眠の邪魔をしていることも考えられます。

生理中の眠気は、妊娠準備のためとも言われています。生理は、次の妊娠に備えての準備期間なのです。この時に血液や栄養が子宮に集まるため、脳が貧血になってしまうのが眠気の原因の1つです。

生理中の眠気対策

効果的な眠気対策

朝日には体内時計をリセットする効果がある生理中の眠気対策としてまず行いたいのが、生活習慣の見直しです。毎日なるべく同じ時間に寝て、同じ時間に起きましょう。1日の生活リズムを整えることで生理中の眠気を抑えることができます。また、朝起きたら朝日を浴びることも効果的です。朝日には体内時計をリセットする効果があるため、体がスッキリとします。

前述したように生理中は基礎体温が低いため、冷え対策をしましょう。特に下半身を温めるとホルモンバランスが整うと言われています。生理中はゆっくりと湯船に浸かって、体を芯から温めましょう。寝る前のストレッチも効果的です。

生理中にあまりにも眠気が酷い場合には、お昼寝をしましょう。休憩中にお昼寝することで、頭がスッキリとします。ただし、お昼寝は15分以下にしましょう。15分以上寝てしまうと体がだるくなってしまいますし、夜の睡眠の邪魔をする可能性があります。

生理中の眠気対策には食事の工夫も効果的です。生理中に積極的に摂取したい栄養素が、鉄分です。前述したように生理中は貧血になりやすいため、鉄分を多く摂取して貧血を防ぎましょう。

生理中のNG行動

生理中はとにかく夜の睡眠の質を上げることが大切です。そのため、夜寝る前にパソコンやスマホの操作をすることは控えましょう。寝る前にパソコンやスマホの画面を見ると、脳が起きてしまい睡眠の妨げになってしまいます。

眠気対策として多くの人が行っているのがコーヒーを飲むことです。コーヒーにはカフェインが含まれているため、眠気を覚ます効果がありますよね。しかし、生理中の眠気対策ではコーヒーを飲むことはNGです。カフェインを摂りすぎるとホルモンバランスが崩れ、生理の症状が悪化してしまう可能性があります。温かい飲み物を飲むのは良いですが、コーヒーは控えましょう。

PR