みんなはどうしてる?飲んでいる?飲んでいない?生理中の飲酒について
1,774views

みんなはどうしてる?飲んでいる?飲んでいない?生理中の飲酒について

皆さんは生理中の飲酒はどうしていますか?飲み会があったとしても、今日生理だから飲みませんとは言えません。もちろん、お酒が大好きな人にとっては、生理中だからお酒を飲まないなんて考えられませんよね?実際に、生理中の飲酒はいけないのでしょうか?生理中の飲酒に関するいろいろをまとめました。

今日は生理・・・お酒は飲まない?

今日は生理・・・お酒は飲まない?

生理中は何かと体に不調があります。それは、ニキビや化粧品かぶれなどの肌トラブル、そして、気分的にも沈んていたり、食欲もあったりなかったり・・・人によって出てくる症状は異なりますが、生理のときにお酒を飲むと、同じ量のアルコール摂取だとしても、酔っ払いやすいとか、逆にお酒が進まないなどの症状が出てくる人も多いです。実際に、女性の半数は、生理中はお酒を飲むと酔っ払いやすい、あるいはお酒を控えるようにしていると回答しているアンケート結果も多く、漠然とではあるものの、女性は生理中はお酒を控えた方がいいかも?と感じている方が多いのです。

生理中の飲酒は酔っぱらう?

結論から言うと、生理中はお酒が酔いやすいメカニズムになっています。この酔っ払いやすい状態にしている直接の原因が女性ホルモンに関係していたのです。生理前になると、プロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されます。いわゆる、気持ち的に乗らない、頭が痛い、お腹が痛い・・・などの不調は、このプロゲステロンの影響が大きいです。そして、生理になると、一気にプロゲステロンの分泌が減り、卵胞ホルモンであるエストロゲンの割合が増えてきます。実は、このエストロゲンが「生理中の飲酒は酔っ払いやすい」という状況にさせているのです。エストロゲンの分泌が増えていくと、アルコールの分解能力を低下させてしまうのです。

生理中の飲酒は二日酔いになりやすい?

酔っ払いうということは、アルコールの分解能力が遅くなってしまうため、その分、酔っ払ってしまうのです。つまり、通常の場合よりもお酒が周るのが早い、あるいは、お酒が残りやすい(二日酔いになりやすい)という仕組みを作ってしまっています。アルコールの分解能力が低下してしまうことで、アルコールを分解したときに分泌される毒性を持ったアセトアルデヒドが多く血中に存在し、そのアセトアルデヒドがなかなか分解されないために、二日酔いの症状を引き起こしてしまうのです。ただし、生理中はそのアセトアルデヒドを分解する能力が低くなっているために、二日酔いになりやすいというわけなのです。

生理中だけどお酒を飲みたい!

生理中だけどお酒を飲みたい!というかたにとっては、飲み方を少し工夫することで、いつもと変わらない飲酒をすることができます。では一体どういうことを気をつければよいでしょうか?

すきっ腹で飲まない!

すきっ腹で飲まない!

生理中は、いつもよりも体の機能も低下しているわけです。ですから、まずはいつもの通りにすきっ腹にお酒を飲まずに、お腹に何かしら食べ物を入れてからお酒を飲むようにしましょう。胃の中に少しの食事を入れておくだけでも、胃の中が活性化されているので、消化を助けることが出来ます。

ガブガブ飲まない!

生理中は、味覚も鈍感になっています。もちろん、アルコールに対しても鈍感です。ですから、このお酒がおいしい!と思って飲んではいけません。この時期は、味覚の能力が落ちているので、ゆっくりとよく味わいながら飲むようにするというところも大切な心掛けです。

二日酔いだからといって、お酒を飲まないのではなく、楽しく、ゆっくりと飲もうと心掛けること。これが大切です。

PR