長い間の喫煙でなってしまったタバコ顔の改善方法のご紹介です。
114views

長い間の喫煙でなってしまったタバコ顔の改善方法のご紹介です。

喫煙を長いこと続けていると、タバコ顔になってしまいます。タバコ顔は、全体に色黒で老けてみえます。目が黒ずんで不健康に見えます。様々な特徴のあるタバコ顔の改善方法はあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

タバコ顔の改善のために知っておきたいこと

タバコ顔の改善のために知っておきたいこと

喫煙を長く続けたためになってしまったタバコ顔。では、なぜタバコ顔になってしまうのでしょうか?少しずつみていきましょう。

タバコ顔とはどんな顔でしょう?

タバコ顔とはどんな顔でしょう?

タバコ顔の特徴とは、頬がこけて頬骨がでてきたり、目尻に「はっきりとカラスの足跡ができてしまったり、顔全体にシワが目立ってきます。また、クマが目立って目尻も下がってきます。シワが目立つので、ほうれい線も目立ってきます。肌の弾力はなくなり、顔全体が黒ずんできます。

どうしてそんな顔になるのでしょう?

どうしてそんな顔になるのでしょう?

喫煙を続けていると、様々な障害で肌を痛めています。

喫煙は、血管を収縮させます。すると、肌細胞に酸素が行き届かなくなり、新陳代謝が低下します。新陳代謝が低下すると、肌の潤いやハリ、透明感がなくなります。

喫煙は、ビタミンCを破壊します。ビタミンCが不足すると、コラーゲンが生成されにくくなり、シミやシワがふえます。喫煙を続けると、顔色の悪い、老けた顔に見えてしまうのです。

タバコの主成分は何でしょう?

タバコの主成分は何でしょう?

タバコの主成分は、ニコチンやタールですよね。

ニコチンは、血管を収縮させます。それが肌細胞に必要な酸素を不足させてしまい、潤いやハリ、透明感の低下につながるのです。タールは、ヤニと呼ばれているもので、肌の黒ずみ、歯の黄ばみ、口臭といったものを引き起こします。

たばこ顔の改善のためにするべきこと

たばこ顔の改善のためにするべきこと

まずはなんといっても『禁煙』です。昨日まで吸っていたタバコを急にやめるのは難しいことです。意志の強さも必要ですよね。しかし、タバコ顔を思い出してください。おのずと禁煙しようという気持ちになると思います。

禁煙で治るかもしれない症状は?

もし禁煙ができたら、治るかもしれない症状があります。悪かった肌の質が良くなるかもしれません。下痢や便秘がよくなれば、新陳代謝がアップするもとにつながるので、肌にもいいでしょう。

他にも、直接タバコ顔とは関係ないかもしれませんが、禁煙で良くなるかもしれない症状は、抜け毛、咳や痰、息切れ、食欲不振、イライラ、頭痛、肩こり、視力低下などです。

具体的に何をしたらいいの?

まずは、禁煙です。

でも急にやめると、甘いものを食べ過ぎたり、余計なストレスがかかることも多いです。徐々減らしていくというのもひとつのやり方かもしれませんね。ただし、肌の状態をよくするためにも、必要なことがあります。

ビタミンCの摂取です。

たとえ、喫煙者であっても、ビタミンCは摂るべきです。タバコ1本で、多くにビタミンCが失われます。ビタミンCを食べ物から大量摂取することは難しいです。サプリメントでとるか、あるいは、ビタミン注射というものもありますので、医療機関などで聞いてみるといいでしょう。

最後に

タバコ顔の改善についてお話ししてきました。一度吸いだすとやめられないのがタバコです。

中にはあっさりと禁煙した人も大勢いますが、ほとんどの人が、再び吸い始める傾向にあるようです。長い間の喫煙が、顔や体にどんな害をもたらすかを考えると、ちょっと怖くなりますよね。

シミやシワ、老けた顔、ほうれい線や目尻のシワ、黒ずんだ顔、老けた顔などなど、考えてみてください。一度に禁煙は無理でも、ストレスのかからない程度に徐々に減らしていくこともひとつです。また、失われたビタミンCの補給をすることも大切です。

PR