タバコ顔の予防のためにするべきことはなんだろう?
83views

タバコ顔の予防のためにするべきことはなんだろう?

喫煙を続けているとタバコ顔になるって聞いたことありますか?そんなタバコ顔の予防のために、私たちは何をすべきでしょうか?そもそもタバコ顔とはどんな顔なんでしょう?どうしてそんな顔になるのでしょう?特徴はあるのでしょうか?予防のためにはどうしたらいいのでしょうか?

タバコ顔の予防の前にタバコ顔って何?

タバコ顔の予防の前にタバコ顔って何?

タバコ顔の予防を考える前に、タバコ顔とはどんなものかのお話しをしましょう。

タバコ顔とはどんな顔?

タバコ顔とはどんな顔?

長いこと喫煙をしていると、明らかに顔に違いが現れます。

顔色が悪くなり、目が細く黒ずんでみえます。見るからに不健康な顔つきになります。女性の敵ですね。喫煙は、血管を収縮させ、肌に必要な酸素が行き渡りにくくなります。

こうして肌の新陳代謝が落ち、潤いやハリツヤがなくなります。また、透明感も失われてしまいます。喫煙はお肌に必要なビタミンCも破壊します。こういった症状が顔に現れたらそれはタバコ顔の可能性が高いです。

タバコ顔にはどんな特徴があるの?

タバコ顔にはどんな特徴があるの?

タバコ顔にはいくつかの特徴があります。肌のハリがなくなり、くすみが目立ちます。顔全体にちりめんのようなシワができて、目じりにカラスの足跡がくっきりと現れ、たれてきます。

目に下のクマが目立ったり、ほうれい線がはっかりとしてきたり、にきびや吹き出物ができることもあります。頬がこけて頬骨が目立つようになります。肌は黄ばんだようになり、不健康な顔にみえるのです。

タバコが体に与える悪影響

タバコが体に与える悪影響

タバコには、ニコチン、タールが含まれています。

また、吸うと活性酸素が発生し、ビタミンCが破壊されます。ニコチンやタールが体にどんな影響を与えるか?活性酸素の発生が肌にどんな影響を与えるか?ビタミンCの役割などなど、ひとつずつ見ていきましょう。

ニコチンが与える影響

タバコは血管を収縮させ、一酸化炭素を発生させます。すると、肌細胞へ必要な酸素が行き渡らなくなり、皮膚の代謝が低下します。タバコに含まれるニコチンは、肌の潤いやハリ、透明感がなくなって、顔色も悪くなるのです。

タールが与える影響

タールは、いわゆるヤニというものです。中にニコチンや発がん性物質が含まれています。タールは、肌の色を悪くします。黒ずんで見えるのもタールのせいかもしれません。また、歯の黄ばみや口臭も起こります。

活性酸素が与える影響

肌には、角質を含む表皮層とコラーゲンが主な真皮層とでできています。

表皮層は28日でターンオーバーして有害物質から肌を守ってくれていますが、タバコの成分が真皮層まで入ってくると、活性酸素が発生します。真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの生成をじゃまをしてしまい、深いシワができてしまうのです。

ビタミンC不足が与える影響

タバコ1本でレモン1個分のビタミンCが失われると言われています。老化を防ぐ抗酸化作用を持つビタミンCには、コラーゲンの生成にも役立っています。ビタミンCの不足は、シミやシワを増やすことになるのです。

タバコ顔の予防のために

タバコ顔の予防のために

もしあなたが、タバコを吸っていないのでしたら、このまま喫煙をしないでいればタバコ顔にならないですみますよ。もしあなたが喫煙者なら、少し立ち止まって考えてみましょう。喫煙は、血管を収縮させて老化を進めます。タバコ顔になってしまいます。

ハリやツヤがなくなり、シワが増え、目の下にはクマができます。顔色も悪くなります。若さを失ってしまいます。このさい禁煙をしてみてはいかがでしょうか?あなたの将来のためにもぜひおすすめします。

PR