痩せた女性の糖尿病が増加?痩せ型の糖尿病予防とは。食事・運動・ストレスとの付き合い方
1,103views

痩せた女性の糖尿病が増加?痩せ型の糖尿病予防とは。食事・運動・ストレスとの付き合い方

糖尿病のリスクファクターというとまず肥満が挙げられますが痩せ型ならかからないというわけではありません。日本人には痩せ型の糖尿病も多いのです。そこで痩せ型の糖尿病予防についてまとめました。食事の仕方やお勧めの運動法、ストレスとの付き合い方など参考にしてください。

糖尿病予備軍といえば肥満男性?

糖尿病患者の平均BMIは健康な人と大差なくオジサンだけの病気ではない

糖尿病には1型と2型があります。1型の糖尿病ははっきりとした原因がわかっていません。しかし、2型の糖尿病の方は「生活習慣病」といわれています。

糖尿病にかかりやすい人というとどんな人を思い浮かべますか?太った男性と考える人が多いかと思います。実際に糖尿病は男性に多く、また、肥満は最大の危険因子です。
だからといって安心してはいけません。糖尿病の性差は1:0.6程度で決して女性がかからない病気ではないのです。また、糖尿病患者の平均BMIは健康な人と大差ありません。
2型糖尿病は太ったオジサンの病気ではないのです。

日本人は痩せていても2型糖尿病になりやすい

生活習慣病といわれる2型糖尿病は日本人は体質的になりやすい

外国人では100kgを越える肥満の方は珍しくありませんが、日本人には稀です。その理由のひとつに体質があります。
日本人は血糖値を下げるインスリンの分泌が少なく、高血糖になりやすいのでそんなに太る前に糖尿病になってしまう確率が高いのです。
また、日本人は外国人と比べて皮下脂肪を貯めにくく、内臓脂肪がつきやすいので目に見える肥満より本当は怖い隠れ肥満になってしまう危険性も大きく潜んでいます。

つまり、日本人は痩せていても糖尿病になりやすいといえます。
それでは、痩せ型の糖尿病予防はどんなことをしたらよいのでしょうか。

糖尿病の予防の基本は食べすぎを防いで運動をすること

生活習慣病の予防は、食べ過ぎず飲みすぎず運動をしストレスを溜めない…健康な普通の生活

厚生労働省が勧める糖尿病の予防方法の基本は、食べすぎを防ぐことと、定期的に運動をすることにあります。しかし、痩せ型で悩んでいる方はもっと痩せてしまうのではないかと不安になります。

食べ順ダイエットで糖尿病予防

痩せ方の人にお勧めなのは、摂取カロリーを減らさず、バランスの良いヘルシーな食事に切り替えることです。
食事は決まった時間に規則正しく食べましょう。野菜はできるだけ多く摂って、油物や炭水化物、スイーツなどの摂取を減らしましょう。
また、食後の血糖値を抑えるために食べ順ダイエットが効果的です。食事の最初に血糖値の上がりにくい野菜や汁物を取り、次に、肉や魚などの主菜を食べます。ご飯やパンなどの炭水化物は最後に食べてください。スイーツを食べたい場合は食事の後にデザートとして食べましょう。

食後の運動がお勧め

痩せ型の糖尿病予防でも運動はお勧めです。特にダイエットを繰り返している女性は見た目は痩せていても筋肉量が少なかったり案外内臓脂肪を溜め込んでいることがあります。
食後に運動をすると食後の血糖値を下げることもできます。

禁煙する

喫煙は糖尿病のリスクを上げます。近年では男性の喫煙率は著しく減少していますが、女性の喫煙率はほぼ横ばいです。喫煙は他の生活習慣病のリスクファクターでもありますし、妊娠や出産にも悪い影響を及ぼします。タバコを吸っている方はこの機会にやめましょう。

ストレスを溜めない

最近注目されている糖尿病の原因の一つに慢性的なストレスがあげられています。肉親の死や、仕事でのストレスなどが多い人は糖尿病にかかりやすいのではないかという研究も進んでいます。
痩せ型の人の中にはストレスを感じやすい方も多いかと思います。ストレスを溜めないように、趣味や運動などで発散したり、睡眠をしっかりとることをお勧めします。

PR