綺麗な酸素を体中に送り込んで自分も綺麗になろう!肺を綺麗にする方法
1,366views

綺麗な酸素を体中に送り込んで自分も綺麗になろう!肺を綺麗にする方法

肺は、心臓に酸素を送り込む役割をしています。あなたの肺は綺麗ですか?以前、タバコを吸っていた人はもちろんのこと、最近では花粉や大気汚染などであまり綺麗な空気を吸う機会も少なくなりました。そこで、綺麗な酸素を体に送り込んで、自分自身も綺麗に浄化しましょう!肺を綺麗にする方法をいくつかまとめました。

肺が綺麗、汚いって関係ある?

煙草は百害あって一利なし

肺が綺麗だとか、汚いだとかは、なかなか実際の自分の肺を見る機会もありませんから、その判断をするのは難しいです。ただし、タバコを吸っている人は、確実にタバコの灰で肺が汚くなっています。これは、色々なところで汚れた肺をみることがあるでしょう。肺が汚いと、肺自体の機能が悪くなり、さらに痰や咳が止まらない、さらには喘息になってしまったり、肺がんなどになる場合も多くなります。一方で、肺が綺麗であれば、その分、肺自体の機能が良くなるので、肺が活性化している状態であるわけです。

少しでも肺を綺麗にしよう!

自分がタバコを吸っていないのに、肺が汚いと言われてしまうケースがあるようです。それは、自分の周りの人が喫煙をしているために、その吸った煙を吸う受動喫煙が原因ということもあります。また、最近では大気汚染が原因で肺が汚くなる、さらにはチリ・ホコリなどのハウスダストで喘息となって、肺が汚くなるということもあるそうです。
もともと、肺には洗浄機能があります。ですから、肺が綺麗になろうとする機能をさらに向上させる方法、そしてハーブなどの浄化作用のあるものを利用するなどの方法で、肺を綺麗にすることができます。

適度な運動を心掛けよう

適度な運動で肺の汚れを押し出す

もともと肺には浄化作用があります。運動をすることによって、空気を吸う機会が増えるため、肺の繊毛の力が強くなり、肺の汚れた部分を押し出して、肺自体を浄化させる働きができます。回数を増やせば増やすほど、肺の老廃物を押し出してくれるので、さらに綺麗な肺に近づくことができるのです。
特に、ヨガやピラティスは、呼吸方法に対して重きを置いているので、深呼吸をする機会も増え、その分、肺も活性化することができます。

肺の浄化に良いとされるハーブを利用しよう

ユーカリには浄化作用がある

ハーブの中には、浄化作用のあるハーブがあります。さらに、ハーブの香りをかぐだけでも、その効果があるとされるハーブもあります。湯船にユーカリのオイルを数滴たらすことで、リラックス効果と殺菌効果、そして浄化効果があります。また、一般的に有名なのがペパーミント。このペパーミントも、殺菌効果に加えて、抗酸化作用があるために、汚れた肺を綺麗にする効果があります。

緑茶を飲もう!

緑茶で肺の老廃物を出す

水分を摂ることがとても大切です。肺だけではなく、体全体に水分を補給することで、老廃物を外へ押し出すことができます。さらに、緑茶に含まれているカテキンは、特に気管に対して抗酸化作用が高いので、肺の老廃物を流し、さらに綺麗に生まれ変えることができます。

お風呂に入ろう

入浴でリラックスして深呼吸

お風呂に入ることも大切です。毎日少なくとも20分入るように心掛けましょう。入浴は、リラックス効果もあり、深呼吸をする機会も増えます。前述にもありますが、その時にでもアロマオイルなどを垂らすとより効果的です。

まとめ

肺は、心機能には欠かせないものです。新しい酸素を取り入れるときに、肺が綺麗で動きが活発であれば、その分、酸素は多く取り込めます。また、肺の機能が悪くなれば、その分心臓にも負担がかかってしまうことはご想像の通りで、そのためにも、肺は綺麗にしておきましょう。肺は自ら綺麗になる働きがありますので、自分たちが積極的にそういったことをすれば、肺は綺麗になります。

PR