何となく優れない体調の改善は、日々の健康管理から
25views

何となく優れない体調の改善は、日々の健康管理から

体調の改善に際しては、現在の自身の生活習慣を冷静に見直す作業が大切です。心身に負荷が大き過ぎる無茶はストレスや更なる体調不良に繋がり兼ねません。規則正しい起床就寝や腹八分目の食生活、適度な運動など出来る事から着手しましょう。

原因が思い当たらぬ体調不良

同世代の人達と比べた時、何となく自分だけ元気が足りない、持続力が無い、疲れやすいなど、いわゆる慢性的な体調不良を自覚されている方も少なくありません。特に持病を抱えている訳でも無ければ、太り過ぎや痩せ過ぎなど一目でその原因と思われる体格でも無い場合、自分でも「どうして?」と頭を捻ってしまって当然でしょう。

ですが原因が思い当たらぬ体調不良だからこそ、実は思わぬところにその要因が潜んでおり、殆どの方々が「そんな理由で!?」「いくら何でも関係無いだろう」との自己判断から見落されているのです。

「何となく調子が悪い」は本当の病気に繋がる可能性も否定出来ない、要注意信号だと捉えておくべきなのです。体調の改善に着手するに際してはまず、自身の現在を冷静に見つめ直すところからスタートしましょう。

何となく調子が出ない日が続くと、元気そのものを忘れそう?

なんとなく怠い、気分がさえない…病気?

日常生活を振り返ってみよう

体調不良の原因を紐解くに際しては、普段の1日24時間を1つずつ振り返る事をお薦めします。朝の寝覚めが悪く身体を起すのに相当な時間と労力を要するのであれば、就寝時間や起床時間のバラつきや就寝直前の飲食の有無など、熟睡にマイナスとなる習慣がついていないかを確認しましょう。

ちょっとした不摂生が不調の原因に

何となく胃もたれや食欲不振が続いているのであれば、食べ過ぎや偏食習慣の有無や、中長期的に抱え続けている悩みやストレスが体調不良を誘発している可能性が否定出来ません。

疲れやすい、息切れが気になる、持続力が衰えて来ているなど、愛煙家であれば喫煙量が影響している可能性大ですし、日頃からの慢性的な運動不足も原因と考えられます。こうして体調不良に繋がると思われる要因を自分なりにピックアップした上で、それらをどう改めるのかを見極め、具体的な体調の改善に着手しましょう。

体調の改善は身体の内側のコンディション向上であり、メンタル面も大きなウエイトを占める事を踏まえておきましょう。

嗜好品の摂取量から精神的ストレスまで、体質改善の鍵を握る存在は数知れず。

嗜好品をいきなりやめるのは逆にストレスになる

無理無く少しずつ改善を

体調の改善は決して一朝一夕に為し得られるものでは無く、中長期的に継続してこそ為し得られます。先天的な体質の違いは人それぞれですし、例えばアスリートが国際大会に挑む際に行う体調管理と同じ取り組みを、一般人の私達が日常生活を通じて実践出来るハズもありません。

例えば愛煙家がある日を境に禁煙に挑めば、当然精神的ストレスの増加は避けられません。「タバコを止める」という目的を達成出来たとしても、伴ったストレスが体質面に悪影響を及ぼしてしまった場合、元来の目的達成とは言い切れません。

あるいは持続力アップを目標にジョギングやトレーニングジム通いを始めたとして、過剰な運動量で身体を痛めつけてしまっては、こちらも体質面を総合的に見れば、マイナスの作用を与えてしまった結果となり兼ねません。

大切なのは心身が明らかに負担を覚える無理をせず、すこしずつ改めるスタンスです。暴飲暴食気味だったのであれば徐々に食事節制を、不規則な生活サイクルであれば、就寝と起床時間を定めてみるなど、出来る事から着手が「鍵」なのです。

大切なのは無理を感じぬ計画を立て、焦らず体質の改善を心掛ける姿勢です。

焦らずゆっくり生活改善と回復をしよう

PR