くだものを食べて健康になろう!毎日くだもの200グラム運動♪
52views

くだものを食べて健康になろう!毎日くだもの200グラム運動♪

毎日くだものを食べることができているでしょうか?毎日くだものを200グラム食べるとビタミンなどの栄養素を摂ることができ、生活習慣病を改善したり、美肌をつくることができます。くだものの栄養素やくだものがもたらす健康効果などをご紹介しましょう。

毎日くだもの食べられていますか?

くだものを食べるとビタミンCがたっぷり摂れるし、美容にも良いので毎日くだものを食べているという方もいらっしゃるでしょう。くだものの健康効果をご紹介します。

くだものでがんのリスクを軽減!

affa07f1202e0f40feaf842b8f02e960_s グレープフルーツ 女性 モデル 

毎日くだものを食べることでがんのリスクが軽減されるとしたら、明日からくだものを食べようと思う気持ちが高まりますよね。世界がん研究基金と米国がん研究財団では、くだものを食べることによって、がんのリスクが低下する研究報告を行っています。くだものを食べることによって食道がんや肺がん、胃がんなどのがんに罹るリスクが低下することが分かっています。

アメリカでは、「5 A DAY運動」が推進されています。この運動は、1日に350グラム以上の野菜と200グラム以上のくだものを食べようというものです。日本でも「毎日くだもの200グラム運動」が行われています。

毎日くだもの200グラム運動って?

fruit-419623_640 フルーツ 果物 苺 いちご イチゴ ブルーベリー キウイ オレンジ

「毎日くだもの200グラム運動」というのは、1人が1日に200グラム以上のくだものを食べることを推奨する運動のことです。2011年の調査によると、日本人の1人1日当たりのくだものの消費量は140グラムで少なめとなっています。世界平均は203グラム、アジアの平均は181グラムなので、日本はくだものの消費量が少ない国といえます。

くだもの200グラムと言われても、どのくらいの量なのかが分かりませんよね。くだもの200グラムは、温州ミカンであれば2個くらい、りんごであれば1個、バナナで2本程度です。このくらいの量であれば、毎日くだものを食べることができそうですよね。

主な果物の健康効果

957b629bf337c3d74b7b66a5683c58bd_s 皮をむいたみかん ミカン フルーツ 果物 食べ物

代表的なくだものの健康効果についてご紹介しましょう。

【温州ミカン】

温州ミカンには、がん抑制効果のβクリプトキサンチンが含まれていたり、ビタミンCやポリフェノールが多く、がん予防をする力が高いくだものです。また、カリウムも豊富でナトリウムを排出してくれるため、高血圧の予防やコレステロールを正常化する効果が期待できます。

【梨】

梨を食べることで腸のぜん動運動を促進させます。便秘に悩んでいる方におすすめのくだものです。

apples-490474_640 りんご リンゴ 林檎 果物 秋

【りんご】

ペクチンを多く含んでおり、腸内細菌の善玉菌を増やすことができます。また、腸を刺激するため便秘に悩んでいる人にもおすすめのくだものです。りんごを食べることによって肥満を予防でき、中性脂肪を減らすこともできます。

【キウイ】

ビタミンCやビタミンEがたっぷりと入っており、抗酸化作用があるくだものなので、アンチエイジング効果があります。食物繊維が多く入っているため、コレステロール値を正常化したり、腸内環境を整える効果があります。

blue-grapes-887383_640 ぶどう 栽培

【ぶどう】

ポリフェノールが多く入っており、動脈効果の原因となる悪玉コレステロールが酸化するのを防ぎます。

毎日くだものを食べることで、生活習慣病を予防したり、がんのリスクを低減できるため、これからはなるべくくだものを摂取していきたいですね。

果物をそのまま食べるのが簡単ですが、毎日では飽きてしまいます。そんな時には、ジューサーでミックスフルーツシェイクを作ったり、ヨーグルトにカットしたフルーツを混ぜたりすると、飽きずに食べることができますよ。季節のくだものを毎日200グラム食べて、健康な体をつくりませんか?

PR