肌のかゆみがとまらない?肌の乾燥と更年期障害の関係
85views

肌のかゆみがとまらない?肌の乾燥と更年期障害の関係

40代や50代になって、肌のかゆみが止まらなくなった、乾燥がひどくなった、と感じることはありませんか?これは、更年期障害のひとつかもしれません。肌の乾燥と更年期障害の関係や、改善する方法についてお話しします。

肌のかゆみがとまらない?

40代や50代になって、急に肌が乾燥したりかゆくなったりするようになった、と感じることはありませんか?これは、更年期障害が関係しています。

以下では、肌の乾燥と更年期障害の関係についてお話します。

肌の乾燥と更年期障害の関係

急に肌が乾燥したりかゆくなったりするように・・

急に肌が乾燥したりかゆくなったりするように・・

エストロゲンは加齢により減少していきます。同時にコラーゲンの生成も衰えてきて、皮膚にハリや弾力が無くなっていきます。また、水分量も維持できなくなってくるため、バリア機能が低下して、肌が乾燥しやすくなります。

すると、肌がかさついてきたリかゆくなったりします。40代や50代になって、肌の乾燥やかゆみが特にひどくなったという人は、更年期障害のひとつと考えて良いでしょう。

以下では、更年期の肌の乾燥やかゆみについて、改善させる方法をご紹介します。

クレンジングを変えてみよう

汚れはしっかり落とした方が良いからと言って、洗浄力の強いクレンジングを使っていませんか?

確かに、汚れがきちんと落ちていないと、毛穴が詰って肌荒れや吹き出物の原因になります。しかし、落とし過ぎると、肌を保護するための皮脂まで奪ってしまうことになり、逆効果です。

洗浄力はそこそこに、肌の皮脂を落とし過ぎないクレンジングを使いましょう。朝の洗顔も同様です。洗顔フォームを弱酸性や敏感肌用に変えてみましょう。

または、蒸しタオルで2度軽く拭くだけでも大丈夫です。寝ている間に分泌された皮脂を落とすことができれば良いので、洗顔フォームを使わなくても問題ありません。

湯船に浸かって、入浴剤も変えてみよう

湯船に浸かって、入浴剤も変えてみよう

夏場、暑いからといってシャワーだけで済ませていませんか?時間に追われているという人もいるかもしれませんが、湯船につかって十分に身体を温めることも乾燥肌の改善につながります。ぬるい方が身体の皮脂が奪われないため、湯音は38度くらいが適温です。

また、その際、保湿効果の高い入浴剤を使ってみるのもひとつです。身体全体を保湿することで、かゆみの改善にも役立ちます。

睡眠をしっかり取ろう

夜の10時から2時までは成長ホルモンが分泌され、肌の代謝も促されます。そのため、肌の乾燥を防ぐには、この時間帯に寝ていることが大事になってきます。

夜はできるだけ早く布団に入り、十分な睡眠を取るようにしましょう。

紫外線対策をしよう

紫外線対策をしよう

紫外線にあたると、そもそも肌がダメージを受けます。それに加えて更年期障害の影響を受けるわけですから、老化が加速します。外出する際は、日焼け止めはもちろん、日傘や帽子を使って、紫外線にあたらないよう気を付けた方が良いでしょう。

肌代謝をサポートするビタミンB2とB6がおすすめ

ビタミンB群は肌の代謝をサポートし、ターンオーバーを正常にする働きがあります。にきびや肌荒れを改善させる軟膏にも使われています。特にB2とB6が有効で、大豆や納豆、豚肉に多く含まれています。

大豆製品は、女性ホルモンの分泌も促すため、意識して食べるように心がけると良いでしょう。

皮膚や粘膜を保護するビタミンAもおすすめ

ビタミンAは、角質層の保湿因子を生成して、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。レバーや緑黄色野菜に多く含まれているため、意識して食べると良いでしょう。

PR