保存版、目的別。運動は食前と食後どちらが正解かの最終回答
64views

保存版、目的別。運動は食前と食後どちらが正解かの最終回答

定期的な運動は健康づくりやダイエットに欠かせません。さて、運動は食前と食後どちらで行うのが正解なのでしょうか。実は、運動はその人の体力や運動の目的、種類によってベストのタイミングが異なるのです。シチュエーション別に運動によいタイミングを分類しました。

運動は食前と食後、どちらが正解?

運動は食前と食後、どちらが正解?

健康維持やダイエットに、定期的に運動をするのはとても良いことです。ただ、気になることがあります。運動は食前と食後、どちらにすると良いのでしょうか。

実は運動をするタイミングは運動の種類や目的によって異なります。運動の目的別のベストのタイミングを考えてみましょう。

健康維持やダイエットに、定期的に運動をするのはとても良いことです。ただ、気になることがあります。運動は食前と食後、どちらにすると良いのでしょうか。実は運動をするタイミングは運動の種類や目的によって異なります。

運動の目的別のベストのタイミングを考えてみましょう。

脂肪を燃焼するには食前?食後?

脂肪を燃焼するには食前?食後?

メタボリック症候群の解消やダイエットのために運動をするときにお勧めなのは食前の有酸素運動だといわれています。食前に有酸素運動を行うと、血中に糖質が少ないので、すぐに内臓脂肪や体脂肪を燃焼させるというメリットがあります。

しかも、運動をすることでその後の食事の過食を抑える効果があります。その上、その後の食事で摂ったエネルギーも脂肪としてつきにくくなるのです。3つものメリットがあるのなら、メタボ対策やダイエットでの運動は食前がいいですね。

ただし、食後の運動でも悪いということはありません。食後の腹ごなしと言う言葉もあります。確かに消費するのは脂肪ではなく、血中の糖質ではあるのですが、その分食事で摂ったカロリーが帳消しになるというわけです。食後の運動にもダイエット効果はあるのです。この場合は胃腸や肝臓の負荷を避けるために、食後30分以上おいてから運動をしましょう。

糖尿病や血糖値の改善目的の運動は食前?食後?

糖尿病の運動療法の目的は、全体的に血糖値を下げることです。ですから、血糖値がピークに達する食後1時間後が最も効果的な運動のタイミングです。

また、糖尿病患者が空腹時に運動をするのは危険です。低血糖を引き起こし、倒れてしまうことがあります。特に糖尿病のインスリン治療を行っている場合は食前の運動は避けてください。

糖尿病患者だけではなく、血糖値の改善や、アンチエイジング目的の場合も同様にしてください。

筋肉をつけたいときは食前?食後?

筋肉をつけたいときは食前?食後?

筋力トレーニングの目的は筋量を維持したり、増やすことです。筋トレを行うタイミングでベストなのは食後です。空腹時や食前に筋トレを行うと、かえって筋肉を分解してエネルギーにすることになりかねません。

また、筋量を増やすためには、負荷の大きい運動が必要です。ある程度血糖値が上がっていた方が集中して安全にたくさん運動ができます。食後1,2時間後のある程度空腹でないときにするのが筋トレではお勧めです。

スポーツ大会などに向けた練習は食前?食後?

球技や陸上競技、ダンスなどの大会に向けた運動でベストのタイミングは食前でも食後でもなく、食後1,2時間後です。空腹時の運動は血糖値が低いため、充分なパフォーマンスが得られません。

かといって食後すぐの運動も、身体が消化や吸収に力を注いでいるため練習の効果が低くなります。

高齢者や妊婦、病後の体力づくりは食前?食後?

高齢者や妊婦、病後の体力づくりは食前?食後?

体力が衰えている高齢者やマタニティスポーツ、病後の体力づくりには空腹時の運動は厳禁です。体力が低い状態で空腹時に運動をすると低血糖症を引き起こしたり、心臓発作を起こす可能性すらあります。

かといって食後すぐの運動も胃腸や肝臓に大きな負荷をかけます。この場合の運動は食間や食後1,2時間後以降にしましょう。

PR