空腹時の運動でダイエット効果が上がるって本当!?
66views

空腹時の運動でダイエット効果が上がるって本当!?

空腹時の運動は身体についた脂肪を燃焼させる効果があります。空腹時の運動は身体に蓄積された脂肪をエネルギーに置き換えて、運動を行うため、脂肪燃焼効果が高かまり、痩せることが可能です。しかし運動の負荷が高すぎると、低血糖になってしまったり、貧血、心臓麻痺などの症状が出やすいため、注意する必要があります。

空腹時の運動は脂肪燃焼効果が高まります

空腹時の運動が有効でした

空腹時の運動が有効でした

痩せたいと本気で思うのなら、運動をするタイミングにも気を使う必要があります。身体についた脂肪を減らしたいのであれば、食後に運動を行うよりも、食前の空腹時に行うと効率よく脂肪を燃焼させることができます。

痩せるのには理由がありました

痩せるのには理由がありました

空腹感を感じながら運動をすると何故痩せるのか、その理由は、胃の中が空っぽな状態で運動をすると、身体の中ではエネルギー不足状態になります。運動をするためのエネルギーが不足すると、そのエネルギー分を埋め合わせるために、身体に蓄積された脂肪を分解して、エネルギー不足を補うからです。

つまり空腹時に運動することによって、これまで身体にたまった脂肪が運動のためのエネルギーとして消費されていくのです。そのため身体についた余分な脂肪がどんどん燃やされて行くため、痩せることができるのです。ちなみに脂肪が燃焼されるには、少なくとも20分以上の運動を継続しなければなりません。軽めの運動でいいので頑張って続けましょう。

空腹時に運動をするときに気をつけたいこと

負荷の少ない運動を行いましょう

負荷の少ない運動を行いましょう

空腹時に運動をすると、身体が低血糖状態になってしまいます。そのため、運動を行うのであれば、ジョギングのような激しい運動ではなく、あまり負荷のかからない運動を行うようにしましょう。ゆっくりとしたペースで歩く運動が、脂肪燃焼には効果があります。

行ってはいけない人は

空腹時の運動はダイエット効果がとても高いのですが、あくまでも健康な方のみ行いましょう。身体になんらかの持病がある方は止めておいた方が無難です。心臓関係の疾患がある方や、高血圧の方などは、空腹時の運動は危険な行為なのでやめておきましょう。

準備期間をしっかりとってから計画的に行いましょう

準備期間をしっかりとってから計画的に

空腹時に運動を行うのであれば、あらかじめ準備期間をとっておくことが大切です。普段全く運動をしていない方が、空腹時にいきなり運動を始めると、身体に相当な負担がかかってしまいます。

そこであらかじめ一か月程度の準備期間を設けておき、同じ時間帯にウォーキングなどの軽めの運動を毎日続けることから始めていきます。軽い運動になれてから、空腹時の運動を行いましょう。

また気分が悪くなったときのために、氷砂糖や飴などを準備しておくとよいでしょう。血糖値が下がり気分が悪くなった時に、糖分を補給すると症状を回復させていくことができます。

早朝や夕食前に取り入れるとよいでしょう

毎日の生活の中で、空腹時の運動習慣を取り入れるには、朝食を食べる前の早朝の時間帯、夕食前の時間帯に行うのがよいでしょう。

忙しくてそんな余裕がない方はランチタイムを利用!

仕事をされている方の場合、忙しくて早朝や夕食前に運動をする時間がないという方は、お昼休みのランチタイムを利用しましょう。

ランチタイムは職場より離れた場所にあるお店まで歩けば、空腹時の運動を無理なく続けることができます。外食するときのメニューは糖質や脂質が高いものを選ぶのではなく、栄養バランスの整った和定食を選べば、ダイエット食にもなります。

PR