早食いは良いことなし!早食いを止める方法とは??
47views

早食いは良いことなし!早食いを止める方法とは??

仕事の間に早く昼食を食べなくてはいけない、家族全員が早食いだったなどの生活習慣で、気付かないうちに早食いになっている方は意外と多いようです。しかし、早食いは、体にとって数多くのデメリットがあります。そこで、ここではそのデメリットと早食いを止める方法を詳しく紹介していきます!!

早食いを続けるとどうなる??

太りやすくなる!!

早食いを続けると太りやすくなるというのは、雑誌やテレビなどでもたくさん紹介されているので、知っている方も多いと思います。

人は、満腹と感じるまでに15分~20分ほど時間がかかると言われています。要するに、食事の量と比例して満腹と感じる訳ではありません。従って、早食いをすると、脳が満腹と感じる前に必要以上の食べ物を胃の中に収めてしまうのです。これが早食いをすると太ってしまう主な原因です。

また、咀嚼回数が違うので、消費エネルギーが違うことも肥満になりやすい原因であると言われています。時間をかけて咀嚼回数を増やして食べると、消化や吸収活動が増加するので、太りにくくなります。

太りやすくなる!!

消化器系の病気のリスクが高くなる!

早食いをすると、通常、咀嚼されて唾液と混ざり、柔らかくなった状態の食物が胃に届くところが、噛む回数が少ないので、食物がほぼ固形のまま胃に到達し、消化器系の発病のリスクが高くなります。

そのような状態になると、胃は、より多くの胃酸が必要になるので、きちんと咀嚼して食べている人よりも多くの負担がかかり、「逆流性食道炎」などの病気にかかる可能性もあります。

また、逆流性食道炎になると、「食道がん」を併発させてしまうこともあります。日常的に、胃酸が逆流し、胸やけやげっぷなどが頻発している方は、注意が必要です。

消化器系の病気のリスクが高くなる!

糖尿病になる可能性も!!

早食いと血糖値は深い関係があります。

人間の体は、食事によって血糖値が上がると「インスリン」が発生して血糖値を下げてくれます。しかし、早食いをすると、インスリンの分泌が血糖値の上昇に追いつかなくなり、胃はもちろん、すい臓などにも負担をかけてしまいます。

そうすると、すい臓が正常な働きをしなくなってしまい、その結果、糖尿病に発展してしまうのです。怖いですよね。たかが、早食いを思っている方も多いかもしれませんが、それが怖い生活習慣病を引き起こすこともあるのですよ。

糖尿病になる可能性も!!

早食いを止めるには?

最低10回咀嚼することを意識する!

早食いの人は、基本あまり咀嚼をしていません。

ひどい人だと2回ほどしか咀嚼していないという方も多いです。そこで、早食いを治すには、一口につき10回は咀嚼することを心がけましょう。それだけで、早食いが改善されます。

また、食べ物を入れた次の瞬間に、次のおかずに箸を伸ばしているというのも早食いの人には多いですが、その行動を意識して、箸を持っていくスピードを落とすようにしましょう。それだけで、噛む回数が増えていきますよ。

最低10回咀嚼することを意識する!

食事前に水を1杯飲みほそう!!

早食いやドカ食いを防ぐには、まず水を1杯飲むことが大切です。

そうすると、気持ちが落ち着いて、冷静さが取り戻されるようになります。そして、胃が膨らんで食べ過ぎにブレーキがかけられるようになるのです。水や炭酸水を食前に飲むのが難しい場合は、味噌汁やスープ、サラダなどの小鉢からゆっくり食べ始めるようにしましょう。

また、空腹がひどい時に食べ過ぎると余分なカロリーは内臓脂肪となり、蓄積されやすくなります。従って、限界を感じるほどの空腹にならないようにすることも大切です。

食事前に水を1杯飲みほそう!!

PR